さがみはら緑区版 掲載号:2019年10月10日号 エリアトップへ

相模原市橋本倫理法人会の会長に就任した 筒井 健さん 橋本台在住 59歳

掲載号:2019年10月10日号

  • LINE
  • hatena

「会社を、地域を元気に」

 ○…地域の経営者が集まり、トップ自らが純粋倫理を学び、変わることによって社員や社風に変化を与え、健全な繁栄を目指すことを目的とした「倫理法人会」。現在、日本全体で約6万7千社、橋本倫理法人会には69の企業が加盟する。会のモットーは「明るく楽しい会」。主な活動となる毎週土曜日の「モーニングセミナー」の後にはコーヒータイムを設け、会員同士の交流を図っている。「比較的若い人や女性会員が多いのが特徴。幅広い分野の方がいて、ここでの交流や情報交換は経営にも役立っている」と説明する。

 ○…今年15周年を迎えた会には、父親が創立メンバーとして参加していた。父親が亡くなった4年前から父の意志を継ぎ入会。以来、積極的に活動を行い、近年は地域の子どもに地元企業の職場体験や、一流スポーツ選手と交流の場も設けている。「橋本はリニア駅の開設など非常にポテンシャルが高い地域。少しでも地域に貢献できる活動を行っていきたい」

 ○…ボーイスカウト相模原第五団(橋本地区)の隊長として、週末は中学生らとキャンプ、ハイキングや募金活動・清掃活動などに汗を流す。中学生は部活動が中心となり、限られた時間の中でのボーイスカウト活動となるが、「積極的に参加し、自主的に活動してくれている。彼らの姿を見ると頼もしい」と嬉しそうに話す。

 ○…ポリエチレン加工品を中心に生産する「ツツ井産業(株)」を営む。「製造業は人件費の安い海外に拠点が流れ、ここ橋本でもだいぶ会社が減った」と現状に危機感を持つが、地域全体としては力強い活気を感じ、明るい未来を感じている。「商業ばかりでなく、我々中小の町工場が元気になり、橋本を活性化していければ」と話した。

さがみはら緑区版の人物風土記最新6

倉木 健治さん

ローイングチーム「湖猿」の代表として東京パラ代表候補を指導する

倉木 健治さん

愛川町在住 37歳

12月12日号

野呂 正人さん

相模原道志川流域キャンプ場経営者協議会の代表として復興に尽力する

野呂 正人さん

青野原在住 65歳

12月5日号

伊藤 勉さん

城山地区「お出かけの“わ”委員会」の委員長として地域福祉に努める

伊藤 勉さん

川尻在住 71歳

11月28日号

高橋 律(ただし)さん

津久井在来大豆を使った醤油しぼりをボランティアで行う

高橋 律(ただし)さん

千木良在住 71歳

11月21日号

大由 鬼山(だいよしきざん)さん(本名:大由 修)

相模原市邦舞三曲連盟の会長に就任した

大由 鬼山(だいよしきざん)さん(本名:大由 修)

南区若松在住 71歳

11月14日号

丘 修三さん(本名:渋江孝夫さん)

藤野が誇る児童文学者として吉野宿ふじやで企画展が開催されている

丘 修三さん(本名:渋江孝夫さん)

名倉在住 78歳

11月7日号

岡川 智行さん

東京五輪に向け、ネパールオリンピック委員会から選手のトレーナーを依頼された

岡川 智行さん

東橋本在住 39歳

10月31日号

あっとほーむデスク

  • 1月11日0:00更新

  • 9月21日0:00更新

  • 6月22日0:00更新

さがみはら緑区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

さがみはら緑区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年12月12日号

お問い合わせ

外部リンク