さがみはら緑区版 掲載号:2019年10月24日号 エリアトップへ

女子サッカー 世代別代表でアジア制覇 ノジマ西郡選手、根府選手

スポーツ

掲載号:2019年10月24日号

  • LINE
  • hatena
西郡選手(左)、根府選手
西郡選手(左)、根府選手

 女子サッカーの16歳以下日本代表が9月にタイで開かれた「AFC U-16女子選手権タイ2019」で史上最多となる4度目の優勝を果たした。アジア8カ国が臨んだ大会にはノジマステラ神奈川相模原の下部組織から西郡(にしごおり)茉優(まひろ)選手(15)、根府(ねぶ)桃子選手(15)が出場。日本の優勝に貢献した。

 攻撃的MFの西郡選手は、秦野市在住。兄と共に3歳からボールを蹴り始め、中学からノジマの下部組織に入団する。今春からは県立弥栄高校に通い、放課後に南区新戸の練習場で汗を流す。初の海外遠征となった今大会では、全5試合中2試合に出場。「緊張はなく、思い切りプレーできた」と話すも、準決勝、決勝はベンチを温めた。

 FWの根府選手は、町田市在住。地元のFC芹ヶ谷東京を経て、中学入学時にノジマの門を叩いた。「ボールを持っていない時の動き出し、ゴールに迫るプレーが特長」といい、決勝を含めた4試合に出場し大会2ゴール。「チャンスはあったのでもっと得点に絡むことが課題」と振り返った。

 日本は来年11月にインドで開かれる「FIFA U-17女子ワールドカップ」に出場する。「将来はなでしこジャパンで活躍したい」と目を輝かせた2人。ノジマでの成長が、夢を現実にする。

さがみはら緑区版のローカルニュース最新6

一年を安全に

一年を安全に 文化

佛光寺で相陽建設が祈念

1月21日号

「ジュニア世代」へ寄付

相模原出身プロゴルファー

「ジュニア世代」へ寄付 社会

昨年末、所属した協会経て

1月21日号

コロナ禍でもワークショップを

【Web限定記事】アートラボはしもと

コロナ禍でもワークショップを 文化

ラボックスプログラム参加学生募集

1月21日号

コロナの想いを川柳に

コロナの想いを川柳に 経済

城山商工会青年部

1月21日号

「淵野辺卒」ランナーら活躍

「淵野辺卒」ランナーら活躍 スポーツ

青学OB 駅伝などで

1月21日号

SC相模原、後援会が発足

SC相模原、後援会が発足 スポーツ

会長に本村市長

1月14日号

あっとほーむデスク

  • 1月11日0:00更新

  • 9月21日0:00更新

  • 6月22日0:00更新

さがみはら緑区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年1月21日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク