さがみはら緑区版 掲載号:2019年11月7日号 エリアトップへ

市とJAXAが連携協定

社会

掲載号:2019年11月7日号

  • LINE
  • hatena
締結式での署名を終え、手を組む本村市長(右)と國中所長=1日、国立映画アーカイブ相模原分館
締結式での署名を終え、手を組む本村市長(右)と國中所長=1日、国立映画アーカイブ相模原分館

 相模原市とJAXA・宇宙航空研究開発機構は、これまで築き上げた協力関係をより一層深めるため、11月1日、連携に関する協定を結んだ。相模原キャンパス移転30周年を契機に実施されたもので、協定により、国内の宇宙研究の粋が集まるJAXAがさらに身近な存在となるよう事業を通じて交流機会を増やすのはもとより、市民の市に対するさらなる愛着を図る考えだ。

 市ではこれまでJAXAの協力のもと、様々なイベントや事業を相互に取り組んできたほか、教員研修での宇宙教育センターからの講師派遣、博物館の企画展示やトークライブへのJAXA職員の参加などで数多くの交流を重ねている。

 そうした中、JAXA施設を持つ自治体組織・銀河連邦の角田市、能代市などが連携協定を結んでいることから、市もシビックプライド(市に対する市民の誇り)の醸成、市民一体となった関連事業の推進、そして宇宙研究の成果を教育や文化の発展につなげようと協定の締結を検討。このほど、JAXAの相模原移転30周年の節目を迎えるため、この時機での締結となった。

 市とJAXAの関係については、2012年のはやぶさの帰還を記念して市が6月13日を「はやぶさの日」に制定したほか、15年9月には相模原キャンパスが政府機関の地方移転の対象施設に浮上したのを受け、まちづくりの根幹を揺るがす事態とみた淵野辺駅北口の商店街メンバーを中心とするグループが反対の署名活動を展開。市議会、商工会議所、市自治会連合会らを巻き込むなど活動は多方面に広がり、集まった署名約3万2千筆を国に提出し移転を踏みとどめた経緯がある。

 そうした両者の固い関係性の上で、「JAXAがある相模原市」といったイメージを市内外に一層植え付けるためにも協定を結ぶ狙いがあったとされる。協定により、市民が宇宙に関心を持ちやすくなるイベントや、JAXA職員を派遣した出前授業の実施などの事業構想が挙がっている。

 1日の記念式典では本村賢太郎市長、JAXAの國中均所長が締結式に臨み、書面を交わした。締結に際し本村市長は、JAXAが相模原にあることが市民にとって誇りや自信となっていることを挙げた上で「(協定で)より身近にし、関係をさらに進化させたい」と期待感を示した。

さがみはら緑区版のトップニュース最新6

ホンジュラス大使らと交流

橋本RC

ホンジュラス大使らと交流 社会

「安全なお産」支援事業で絆

2月13日号

団地×女子大=地域活性

団地×女子大=地域活性 文化

公社と相模女子大が協定

2月13日号

蛍保護団体へ市が指定

阿津川

蛍保護団体へ市が指定 社会

5カ所目 「観光の目玉に」

2月6日号

9年ぶりの頂点目指す

東海大相模

9年ぶりの頂点目指す スポーツ

「春の選抜」出場決定

2月6日号

「緑のラブレター」を点灯

藤野商工会青年部

「緑のラブレター」を点灯 経済

3月 45周年事業の一環で

1月30日号

「原爆」作品、米大学に収蔵

写真家江成常夫さん

「原爆」作品、米大学に収蔵 文化

日本人初 「核廃絶で意義」

1月30日号

国内最高峰の大会誘致

自転車ロードレース

国内最高峰の大会誘致 スポーツ

「五輪後のレガシー」実現へ

1月23日号

あっとほーむデスク

  • 1月11日0:00更新

  • 9月21日0:00更新

  • 6月22日0:00更新

さがみはら緑区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年2月13日号

お問い合わせ

外部リンク