さがみはら緑区版 掲載号:2019年12月5日号 エリアトップへ

届け「おもてなし」の心 祝い鶴、来相五輪選手団へ

社会

掲載号:2019年12月5日号

  • LINE
  • hatena
集まったメンバー。共同代表は手前左から1番目が今井さん、2番目が米田さん、手前右が櫻井さん=11月28日、向原自治会館
集まったメンバー。共同代表は手前左から1番目が今井さん、2番目が米田さん、手前右が櫻井さん=11月28日、向原自治会館

 2020年東京オリンピック・パラリンピックの事前キャンプを相模原市内で行うカナダとブラジルの選手団に、地域からの「おもてなし」の心を伝えるため、平和の祭典にふさわしく、同じく平和の象徴として親しまれている「折り鶴」をつくって贈ろうという取り組みが11月28日に城山地域でスタートした。

 「みどり祝い鶴の会」は、この企画のために城山地域に住む有志により結成された会だ。相模原を訪れる両国の選手や関係者に対し、もともとたしなみのあった折り紙を使って「何かおもてなしができないか」と発起人の米田寿恵子さん(71)が緑区に何度か相談を重ねるうちに、民生委員など地域の関わりの中で互いを知っていた櫻井かおるさん(68)と、今井利江さん(66)にも声をかけ、3人を共同代表とする会が立ち上がった。

 この日、米田さんらの呼びかけに応じて向原自治会館に集まったのは、近隣に住む女性ら有志16人。まず、折り紙が得意な櫻井さんが講師を務めて、メンバーの前で鶴の折り方を説明した。

 折るのは、「願掛け」として贈られることの多い千羽鶴ではなく、「祝い鶴」と呼ばれるもの。翼を折る回数が多く、ひだが増えて見栄えが華やかになるのが特徴。「折り紙は折り筋が大事」「お祝いなので鶴の顔は上向きに」などと櫻井さんの説明を受けながら、メンバーはまず薄い折り紙で練習。その後、15cm四方でやや厚みのある金と銀の千代紙を、「いつもつくっている鶴と違う」と戸惑いながらも、丁寧に折り進めた。

 今後は、個々で作業したり集まったりしながら金銀の折り鶴と屏風、それを乗せる盆、祝い鶴の説明や飾り方、おもてなしのメッセージなどを書いた便りを加えて計130セットをつくる。緑区区政策課は「災害復興と地域振興が緑区の大きなテーマ。その中で、区民が持つ『おもてなしの心』を地域振興につなげていくために、このような取り組みは大事にしたい」と話す。米田共同代表は「キャンプまでまだ日があるので、楽しみながら進めたい。カナダとブラジルの方々に伝統文化を感じてもらい、日本に来て良かったと思ってもらえたら」と話した。

贈呈する祝い鶴のセット
贈呈する祝い鶴のセット

相模原市からのお知らせです

新型コロナウイルスワクチンの詳しい情報については市HPをご確認ください

https://www.city.sagamihara.kanagawa.jp/kurashi/kenko/kansenyobo/1019910/1022588/index.html

<PR>

さがみはら緑区版のトップニュース最新6

「はばたく商店街30選」に

橋本商店街協同組合

「はばたく商店街30選」に 社会

アプリ活用が評価 市内初

1月20日号

石澤開選手、日本王者に

中央区出身プロボクサー

石澤開選手、日本王者に スポーツ

ミニマム級 8回TKOで

1月20日号

アプリ活用し街回遊

橋本商店街協同組合

アプリ活用し街回遊 社会

スタンプラリーを初企画

1月13日号

フラッグフットで日本一

ライズジュニア

フラッグフットで日本一 スポーツ

小学生部門 チーム初

1月13日号

3回目 「集団」で前倒し

新型コロナワクチン接種

3回目 「集団」で前倒し 社会

希望者の受付期限を延長

1月6日号

桜まつり、現地開催へ

桜まつり、現地開催へ 社会

感染対策の徹底を重視

1月1日号

あっとほーむデスク

  • 8月19日0:00更新 文化

  • 1月11日0:00更新

  • 9月21日0:00更新

さがみはら緑区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2022年1月20日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook