さがみはら緑区版 掲載号:2019年12月19日号 エリアトップへ

津久井JCと相模原市 協働でSDGsを推進 「循環型社会実現へ」宣言

政治

掲載号:2019年12月19日号

  • LINE
  • hatena
「SDGs協働推進宣言」の署名を交わす佐藤理事長(左)と本村市長
「SDGs協働推進宣言」の署名を交わす佐藤理事長(左)と本村市長

 国連で採択されたSDGs(持続可能な開発目標)の達成に向け、公益社団法人津久井青年会議所(佐藤貴浩理事長、以下JC)は12月11日、市と「SDGs協働推進宣言」をし、市役所で署名式を行った。

 津久井JCは、1982年の創立以来、青少年の健全育成教育やスポーツ振興、水源地という地域特性を生かしたまちづくりなどに積極的に取り組んでいる。また、10月12日に発生した台風19号で甚大な被害を受けた津久井地域で、いち早く災害支援に対するボランティア活動を展開。市社会福祉協議会らとともに災害ボランティアセンターの立ち上げに尽力するなど、精力的な活動を行ってきた。

 そうした中で、SDGsの「誰一人取り残さない」という理念のもと、持続的な地域の発展と豊かな自然環境を生かした循環型社会の実現に向け、相模原市とともに協働して取り組んでいくために今回、宣言に署名した。相模原市は、今年3月に相模原JCとも同様の宣言を行っている。

 11日は佐藤理事長と渡邉博明直前理事長、高橋研吾・山崎勇貴・山崎和樹副理事長、杉本郷専務の6人が市役所を訪問。市と津久井JCが「SDGsの認知度向上と理解促進を目的とした情報発信」「次代を担う子どもたちに対するSDGsの普及啓発」「SDGsの達成に資する具体的取組の促進」「市民、地域企業、団体、教育・研究機関等多様な主体間の連携の強化」にともに取り組んでいくことを確認し、佐藤理事長と本村賢太郎市長が宣言に署名した。

 本村市長は「相模原JCに続き、津久井JCとこうした宣言をできたことは大変うれしい。津久井の自然は相模原の宝。地域で率先した活動をする津久井JCとともに、後世に引き継いでいきたい」とあいさつ。加えて、「台風19号による積極的なボランティア支援に感謝する」と述べた。

 佐藤理事長は「持続可能な自然環境を生かした循環型社会の実現や、津久井やまゆり園事件以来、積極的に取り組む『共生型の社会の実現』など、津久井JCとSDGsの理念は共通する部分が多い。先に宣言した相模原JCとも協力し、責任世代として地域発展に貢献していきたい」と話した。

さがみはら緑区版のトップニュース最新6

市、コロナ対策を見直し

市、コロナ対策を見直し 文化

感染者減少も警戒継続

12月2日号

金子さんに国税局長表彰

元橋本町在住

金子さんに国税局長表彰 社会

「長年の活動評価され光栄」

12月2日号

ワクチン3回目接種が柱

相模原市12月補正予算案

ワクチン3回目接種が柱 経済

一般会計、総額約68億円

11月25日号

"本物"トーチに大興奮

旭小学校

"本物"トーチに大興奮 社会

疑似聖火リレーを体験

11月18日号

3回目 高齢者は1月開始

新型コロナワクチン接種

3回目 高齢者は1月開始 社会

65歳以上の予約、市主導で

11月18日号

「相模原で合議制裁判を」

「相模原で合議制裁判を」 社会

市長ら、横浜地裁へ要望

11月11日号

プレゼント企画実施中!

買物1000円以上でドリップバッグ珈琲贈呈!(2021年12月31日まで)

http://www.insyoku.net/hhs/

相模原市からのお知らせです

新型コロナウイルスワクチンの詳しい情報については市HPをご確認ください

https://www.city.sagamihara.kanagawa.jp/kurashi/kenko/kansenyobo/1019910/1022588/index.html

<PR>

あっとほーむデスク

  • 8月19日0:00更新 文化

  • 1月11日0:00更新

  • 9月21日0:00更新

さがみはら緑区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年12月2日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook