さがみはら緑区版 掲載号:2020年1月23日号 エリアトップへ

13年ぶりトップリーグ 「相模原代表」を誇りに 三菱重工HCとキャプテンに聞く

スポーツ

掲載号:2020年1月23日号

  • LINE
  • hatena

 幕を開けたラグビー最高峰トップリーグ。開幕連敗の三菱重工だが、いずれも接戦で、トップリーグ初勝利へ期待は高まるばかり。次節1月25日(土)には相模原ギオンスタジアムでパナソニックワイルドナイツを迎える中、グレッグ・クーパーHC(ヘッドコーチ)と土佐誠キャプテンに、パナソニック戦勝利へのカギや今季にかける思いを聞いた。

ONE TEAMで

 NTTドコモとの開幕戦は、マイケル・リトルが突破力を生かしてトライをあげるなど三菱重工が終盤までリードするも、残り10分で2つのトライを決められ逆転負け。クーパーHCは開幕戦を振り返り、「選手が体を張ってくれて、精度の高いプレーもあった。ディフェンスは良かったが、何度も簡単にトライを許してしまったことが残念」と話す。

 だが、13年ぶりの舞台で確実に力は示した。「負けてしまったが、トップリーグで戦える実力があることを確認できた」と手応えを口にするのは、キャプテンの土佐。チームはオフシーズン、前季の積極的なディフェンスとアタックにさらに磨きをかけた。トップリーグでの初勝利、さらには上位進出へ向け、クーパーHCは「ONE TEAM」の大切さを説く。「今季、シーズン中はチームにとって厳しい時期が必ずある。その時期を一つになって乗り切りたい」

代表6人の難敵

 そんな三菱重工の前に次節立ちはだかるのがパナソニック。稲垣啓太や堀江翔太など、ワールドカップで一躍注目を浴びた代表戦士を最多の6人有する名門だ。NEC時代、パナソニックと対戦経験のある土佐が「パナソニックは試合巧者の印象。反則を少なくし、自分たちの持ち味を発揮することが勝利のカギになる」と話せば、同じくNECのコーチ時代にパナソニックと火花を散らしたクーパーHCは「相手は日本を代表するチームの一つ。勝つためには正確で献身的なラグビーを80分間続ける必要がある」と警戒を強める。

「最高の成果を」

 「とにかく楽しんで戦い切りたい」。目標を問われ、そう答えた土佐。体力的にも精神的にも長く苦しいシーズンを戦う中、「相模原を代表して戦えることを誇りに思う」とする。厳しい試合が続くが、シーズンはまだ始まったばかり。クーパーHCは最後にファンへ向け「ホームでプレーできることを楽しみにしています。最高のパフォーマンスを披露できるよう一つになり戦いましょう」と呼びかけた。

さがみはら緑区版のローカルニュース最新6

市、コロナの相談窓口設置

市、コロナの相談窓口設置 社会

「疑い」ある人のみ

2月20日号

初めての搾乳に挑戦

初めての搾乳に挑戦 教育

青野原小で酪農体験授業

2月20日号

青根小学校で学習発表会

青根小学校で学習発表会 教育

3月で閉校 「地域に感謝」

2月20日号

自分の未来を考える講座

自分の未来を考える講座 社会

2月25日 ソレイユさがみ

2月20日号

「安心した」が率直な気持ち

特別インタビュー

「安心した」が率直な気持ち 社会

小金沢昇司さん

2月20日号

介護の未来を考える

介護の未来を考える 社会

市長ら参加し懇話会

2月20日号

野外遊びで寒さも平気

あっとほーむデスク

  • 1月11日0:00更新

  • 9月21日0:00更新

  • 6月22日0:00更新

さがみはら緑区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年2月20日号

お問い合わせ

外部リンク