さがみはら緑区版 掲載号:2020年2月27日号 エリアトップへ

「鯉のぼり」今年行わず終幕 担い手不足など運営困難

文化

掲載号:2020年2月27日号

  • LINE
  • hatena
市の名物イベントとして親しまれてきた「泳げ鯉のぼり相模川」=市提供写真
市の名物イベントとして親しまれてきた「泳げ鯉のぼり相模川」=市提供写真

 ゴールデンウィーク期間中の相模原の名物イベントとして親しまれてきた「泳げ鯉のぼり相模川」(会場・相模川高田橋上流)について同実行委員会は2月8日、2020年度以降は行わず、昨年度の開催をもって終了することを決定した。同イベントは1988年から32回にわたる歴史に幕を閉じることになった。

 同イベントは相模川の両岸に架けた5本のワイヤーに約1200匹の鯉のぼりを吊るし青空に泳がせるもので、市を代表する観光行事の一つ。昨年は延べ約46万6000人が来場している。

 終了の理由について同実行委員会では、鯉のぼりを取り付ける際に必要な資機材の老朽化と補修負担、河川敷の形状の経年変化に加え、昨年の台風19号の影響で開催場所、駐車スペースが狭小化しその整備の負担、そして担い手不足の3つを挙げている。一昨年からイベントの継続の有無を検討する中で、昨年は取り付けるワイヤー5本分を充足できず、4本に約1000匹を取り付ける形で開催。今年も諸条件が整えば開催する運びだったが、約1000万円をかけてワイヤーなどを修復する必要があり、資金面に人手不足も重なったことから中止ではなく、イベントを終了する決定に至った。

 同イベントは相模原中RCの社会奉仕事業として立ち上げ。第1回は鯉のぼりの無償提供の呼びかけに呼応する形で600匹が集まりスタートした。2回目以降はワイヤー5本に1200匹を取りつけて開催し、次第に規模を拡大させていった。核家族化で自宅に眠る鯉のぼりの扱いに困る家庭が増えていた時代背景や、近年ではJAXAの研究施設を持つ自治体で構成される「銀河連邦」の協力も相まって、市内外から多くの鯉が集まるようになった。

 開催にあたり協賛金はもとより、田名地区の住民の協力が大きな支えになった。開催前の鯉の補修作業、開催当日の吊り上げ作業はボランティアたちが行い、開催全体には約100人が参加し運営を担っていた。そうしたボランティアなど人手の減少はイベントの終了に追い打ちをかけた。実行委員会の会長で第3回から委員長を務めた永保固紀さん(76)は「来てくれる人に申し訳ない」としながら、「協賛者、田名地区の自治会、子ども会の方々が継続して対応してくれた。感謝しているし、それしかない」と話し、「これまで無事故で続けて来られたのは誇り」と振り返る。

 中止を受け、担当の市商業観光課には鯉のぼりの返却についての問い合わせが来ており、対応を協議しているという。本村賢太郎市長は「寂しい思いがするが、この行事に関わった全ての方に感謝申し上げたい」とのコメントを発表した。

津久井湖城山公園からのお知らせ

新型コロナウイルスまん延防止に伴い、「津久井城まつり」は中止になりました

http://www.kanagawa-park.or.jp/tsukuikoshiroyama/

<PR>

さがみはら緑区版のトップニュース最新6

相模原が開催地に

ツアー・オブ・ジャパン

相模原が開催地に スポーツ

「来年は自転車の1年に」

4月2日号

閉校、新学期は「青和」に

青野原小中学校

閉校、新学期は「青和」に 教育

青根小・中と統合 一貫校へ

4月2日号

6年生一人、最後の卒業式

青根小学校

6年生一人、最後の卒業式 教育

146年の歴史に幕

3月26日号

新型コロナ対策に1億円

市3月補正予算

新型コロナ対策に1億円 社会

PCR検査拡充など想定

3月26日号

「パートナー制度」4月導入

相模原市

「パートナー制度」4月導入 社会

性的少数者への理解促進

3月19日号

岡島さんが国連英検合格

LCA国際小6年生

岡島さんが国連英検合格 教育

児童では全国で1人

3月19日号

あっとほーむデスク

  • 1月11日0:00更新

  • 9月21日0:00更新

  • 6月22日0:00更新

さがみはら緑区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年4月2日号

お問い合わせ

外部リンク