さがみはら緑区版 掲載号:2020年3月26日号 エリアトップへ

市3月補正予算 新型コロナ対策に1億円 PCR検査拡充など想定

社会

掲載号:2020年3月26日号

  • LINE
  • hatena

 新型コロナウイルス感染症の対策費などを盛り込んだ2019度3月補正予算案がこのほど、相模原市議会で可決された。同対策費は、感染の有無を検出するPCR検査機器拡充のための民間機関への委託費や医療費の公的負担などに充てられる予定で、今後の応急的な支出に備える。

 2019年度3月補正予算(No.3)の一般会計総額は15億7100万円。当初予算に肉付けされ、補正後の一般会計総額は3117億4800万円となる。

 補正予算では、新型コロナ対策として予備費1億円を計上。市財務課によると、使途としてはPCR検査の委託費や、感染症で入院勧告がなされた際の医療費の公的負担のほか、患者の入院時の病床を確保する際に発生する空床補償などを想定しているという。

1日60検体まで可能に

 現在、相模原市内にはPCR検査機器が衛生研究所に2台あるが、これにより3台に拡充される。同機器は基本的に1台につき1日20検体まで検査が可能で、3台に拡充されることで検査数はこれまでの40検体から60検体に増える。市疾病対策課によると、3月10日現在で延べ820人、908件を検査しているという。

教育のICT化へ

 国の「GIGAスクール構想」に向けた学校情報教育推進事業には約13

億円を計上。同構想は全国一律のICT(情報通信技術)環境整備に向け「校内通信ネットワークの整備」と「令和5年度までの児童生徒一人1台のタブレット端末の整備」をめざすもので、市内小中学校への整備に向け国庫補助金を活用。学校内のコンピューターをネットワークで接続する「校内LAN」や「電源キャビネット(充電保管庫)」などの整備を進めていく。

 このほかマイナンバーカードの事務委任に係る運営費として約1億円を計上。国によるカードの申請受付や発行体制の整備、交付体制の強化の推進に基づき、地方公共団体情報システム機構(J─LIS)に支払う負担金を増額する。詳細は市ホームページを参照。

富士建創株式会社

これからの暮らしがもっと素敵になるリフォームをご一緒に

https://hujikenso.jp/

<PR>

さがみはら緑区版のトップニュース最新6

「移動式」子ども食堂開始

相模原市

「移動式」子ども食堂開始 社会

食事支援 出張で弁当配布

6月4日号

PCR集合検査場を開設

相模原市

PCR集合検査場を開設 社会

「ドライブスルー方式」採用

6月4日号

子の笑顔 オンラインでも

新型コロナウイルス

子の笑顔 オンラインでも 教育

幼稚園も試行錯誤

5月28日号

54年の歴史に幕

津久井RC

54年の歴史に幕 経済

経済、教育 地域発展に寄与

5月28日号

コロナ対策、5月補正33億

【Web限定記事】 相模原市

コロナ対策、5月補正33億 政治

妊婦、事業者などを支援

5月21日号

手作りマスクに社会意義

【Web限定記事】小規模多機能ホーム「ななかまど」

手作りマスクに社会意義 社会

利用者らが300枚販売

5月21日号

あっとほーむデスク

  • 1月11日0:00更新

  • 9月21日0:00更新

  • 6月22日0:00更新

さがみはら緑区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

さがみはら緑区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年6月4日号

お問い合わせ

外部リンク