さがみはら緑区版 掲載号:2020年5月28日号 エリアトップへ

津久井RC 54年の歴史に幕 経済、教育 地域発展に寄与

経済

掲載号:2020年5月28日号

  • LINE
  • hatena

 津久井ロータリークラブ(北島照秋会長、会員9人、以下RC)が会員の減少・高齢化などにより5月いっぱいで54年の歴史に幕を閉じることとなった。閉会後は津久井中央RC(井上旭会長)と合併する。北島会長は「半世紀以上の歴史に幕を閉じるというのは感慨深い。今後も各々地域活動を行っていきたい」と話した。

 津久井RCは、1966年6月20日に相模原RCをスポンサークラブとして発足。当初は26人でスタートし、同年8月3日に国際ロータリーに加盟認証された。以来、ボーイスカウト津久井第2団への支援、障害者地域活動支援センター竹の子作業所との「秋の収穫祭」を通じての交流、津久井養護学校への支援、海外をはじめとした青少年交換留学支援、地域への桜の植樹など、幅広い活動を展開してきた。中でも、2006年には、「合併によりなくなる”津久井”の名を残そう」と、津久井中央公民館前に『津久井の地名由来の碑』を建立した。

 新型コロナ感染拡大防止対策として式などは行わず、5月22日には、横浜銀行中野支店2階の同ロータリー事務局を会場に最後となる通常例会を開催した。例会には、国際ロータリー第2780地区の杉岡芳樹ガバナーをはじめ、竹の子作業所、ボーイスカウト津久井など限られた関係者のみが出席。北島会長は、「長年、諸先輩方が津久井・相模原地区の発展・活性化をサポートしながら奉仕活動を続けてきた。これまで多大なるご支援、ご協力を頂いた多くの皆様には、大変申し訳ない気持ちでいっぱいだが、これまで行ってきた活動を一人一人大切に心に刻み、これからの人生の糧として活かしていきたい」と話した。

 なお、所谷弘氏(つばめ観光バス(株))、西迫洋美氏(医療法人社団平雄会)、山口八重子氏(ヤマグチ薬局)は津久井中央RCに入会する。
 

さがみはら緑区版のトップニュース最新6

延期報道 地元は静観

リニア中央新幹線

延期報道 地元は静観 経済

動向を注視 「予定通り」強調

7月9日号

広がる「食の学生支援」の輪

相模原市

広がる「食の学生支援」の輪 社会

民間の協力受け事業継続

7月9日号

演奏動画を無料配信

相模湖交流センター

演奏動画を無料配信 文化

「音楽家の思いを知って」

7月2日号

開発のコンセプト策定

相模原駅北口まちづくり

開発のコンセプト策定 社会

にぎわい、魅力創出に重点

7月2日号

SC相模原、27日初戦

サッカーJ3

SC相模原、27日初戦 スポーツ

コロナ禍経て開幕へ

6月25日号

ひとり親支援などに18億

6月補正一般会計

ひとり親支援などに18億 経済

キャッシュバックも可決

6月25日号

あっとほーむデスク

  • 1月11日0:00更新

  • 9月21日0:00更新

  • 6月22日0:00更新

さがみはら緑区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年7月9日号

お問い合わせ

外部リンク