さがみはら緑区版 掲載号:2020年6月4日号 エリアトップへ

相模原市 PCR集合検査場を開設 「ドライブスルー方式」採用

社会

掲載号:2020年6月4日号

  • LINE
  • hatena

 新型コロナウイルス感染症のPCR検査体制の強化と、医療機関の負担軽減を図るため市は6月11日、集合検査場を市内1カ所に設置する。検査はドライブスルー方式を採用。設置運営業務は一般社団法人相模原市医師会(細田稔会長)に委託する。

 PCR集合検査場は、新型コロナウイルス感染症による医療崩壊を防ぐために県が構築を進める体制「神奈川モデル」に基づいて各自治体で整備が進められており、6月1日時点で県内に22カ所が設置されている。

 市はこれまで、帰国者・接触者外来を設置する市内の病院などや、市医師会の協力のもと地域の医療機関で検体を採取し、市衛生研究所で3308件(6月1日時点)のPCR検査を行ってきた。

 今回の集合検査場開設にあたり、市地域保健課は「医師会の協力もあり、検査に積極的に取り組んできた。現状、感染者数は落ち着いてきているが、今後起こり得る感染拡大に備え、検査体制の一層の強化を図りたい」と話す。

 相模原市で採用する「ドライブスルー方式」は、検査場に車で乗り付け、窓から顔を出し鼻から検体を採取するもの。感染の疑いのある人が車外に出ることなく検査できるため、採取にあたる医師の感染リスクが抑えられる。採取時間の短縮による業務効率化や、検査を担う病院などの負担減にもつながるという。

プライバシー保護場所は非公開

 対象は市民のうち、かかりつけ医などを受診してPCR検査が必要と判断された人、および濃厚接触者で症状がある人など。完全予約制で、対象者の数に応じて週4日を上限に開設する。設置場所は「患者のプライバシー保護と円滑な運営」のため非公開。採取された検体は民間機関で検査される。市によれば、1日に最大18人の検査が可能で、結果は1〜2日で判明するという。

 運営主体である市医師会の細田会長は、「今後の『第2波』への備えとしてPCR検査体制の拡充は必要であり、医師会としても市民の期待に応えていきたい」と話している。

 詳細は同課【電話】042・769・8343へ。

さがみはら緑区版のトップニュース最新6

コロナを灯で吹き飛ばす

津久井湖城山公園

コロナを灯で吹き飛ばす 文化

4万5千球が神秘的に

10月29日号

WEリーグ参入決まる

ノジマステラ神奈川相模原

WEリーグ参入決まる スポーツ

日本初 女子プロサッカー

10月29日号

相模原をドローンの町に

相模原をドローンの町に 社会

中央区横山に新拠点誕生

10月22日号

官民で防災意識が向上

台風19号から1年

官民で防災意識が向上 社会

寄付、復旧活動に積極性

10月22日号

里親委託率、上昇傾向に

里親委託率、上昇傾向に 社会

10年以内に50%めざす

10月15日号

小編成の部で初全国へ

橋本高校吹奏楽部

小編成の部で初全国へ 教育

オンライン練で結束強め

10月15日号

あっとほーむデスク

  • 1月11日0:00更新

  • 9月21日0:00更新

  • 6月22日0:00更新

さがみはら緑区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年10月29日号

お問い合わせ

外部リンク