さがみはら緑区版 掲載号:2020年7月23日号 エリアトップへ

高校野球選手権 代替大会、組み合わせ決定 1日開幕、175校が出場

スポーツ

掲載号:2020年7月23日号

  • LINE
  • hatena
市内唯一の会場、サーティーフォー相模原球場
市内唯一の会場、サーティーフォー相模原球場

 新型コロナウイルスの影響により中止となった「夏の甲子園」第102回全国高等学校野球選手権大会と同神奈川大会。その代替大会の抽選会が行われ、トーナメントの組み合わせが7月17日に発表された。175校が出場し、8月1日から熱戦を繰り広げる。

 春の選抜大会中止に続き、夏の大会も中止が決まったことを受け、各都道府県の高野連が代替大会の実施を発表する中、神奈川県高野連(熊野宏之会長)も8月に独自の代替大会を開催することを決定した。感染防止対策の徹底を前提に、野球部員、特に3年生にこれまでの練習の成果を発揮する機会を設けることを目的に開催される。

 同連盟が代理で組み合わせ抽選を行い、日程や開催要項を発表。大会は8月1日(土)から23日(日)までの期間、休日や参加校の夏休みを利用して行われる。11球場で試合をするが、無観客試合となる。試合方法はこれまでの大会通り。ただし10回からのタイブレーク制が採用される。

 開閉会式は行われない。ベンチ入りの人数は責任教師、監督、記録員、選手25人までで、合計28人以内。メンバーは試合ごとに入れ替えができるため、例年より多くの球児が活躍できる可能性が高まった。1試合だけ行う高校も2校ある。

相模原からは17校

 同連盟はチームの移動を少なくする方向で計画しており、市内から出場する学校の初戦はサーティーフォー相模原球場(中央区)や大和スタジアムが大半を占める。

 市内からは17校が出場する。津久井高校(緑区)と橋本高校(同)は合同チームで出場。神奈川総合産業高校(南区)は近隣3校と合同で大会に臨む。

 昨年優勝した東海大学付属相模高校(南区)は、第1シードで4日(火)に初戦を迎える。同校は、春の選抜大会出場が決まっていた高校のために開かれる交流試合に招待されており、甲子園球場で17日(月)に大阪桐蔭高校と対戦する。

さがみはら緑区版のトップニュース最新6

相模原をドローンの町に

相模原をドローンの町に 社会

中央区横山に新拠点誕生

10月22日号

官民で防災意識が向上

台風19号から1年

官民で防災意識が向上 社会

寄付、復旧活動に積極性

10月22日号

里親委託率、上昇傾向に

里親委託率、上昇傾向に 社会

10年以内に50%めざす

10月15日号

小編成の部で初全国へ

橋本高校吹奏楽部

小編成の部で初全国へ 教育

オンライン練で結束強め

10月15日号

学校祭をオンライン中継

中野中学校

学校祭をオンライン中継 教育

生徒の願い受け「感動共有」

10月8日号

J2ライセンスを取得

SC相模原

J2ライセンスを取得 スポーツ

今季2位以上で昇格

10月8日号

あっとほーむデスク

  • 1月11日0:00更新

  • 9月21日0:00更新

  • 6月22日0:00更新

さがみはら緑区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年10月22日号

お問い合わせ

外部リンク