さがみはら緑区版 掲載号:2020年8月6日号 エリアトップへ

理念共有で地域を活性 SDGsで再生へ

経済

掲載号:2020年8月6日号

  • LINE
  • hatena
大島を元気にしようと協力する飯塚代表(右)と内田自治会長(左)=1日、リリマート商店会
大島を元気にしようと協力する飯塚代表(右)と内田自治会長(左)=1日、リリマート商店会

 入居者減に苦しんでいた大島地区の商店会「リリマート」(飯塚侑代表)がこのほど、国連が採択したSDGs(持続可能な開発目標)の理念を取り入れて生まれ変わり、復活の兆しをみせている。市内には大小合わせ70近い商店会があるが、加盟店舗が少なく、存続が危ぶまれる商店会も少なくない。独自色を打ち出し、再生に乗り出すこの試みは注目を集めている。

 県営大島団地近くにある「協働組合リリマート」は1974年に設立された、45年以上続く老舗商店会。2年前、高齢化などにより入居する6件の内3件が撤退した。3年前から理事長に就任した飯塚代表は危機感を覚え、昨春に規制が多い入居条件を緩和するため県と交渉し、協同組合から任意団体『リリマート』に登録を変更して、改革を実行した。その一環として、商店会としての特色を持たせたいとの方針のもと、市が積極的に取り組むSDGsを前面に押し出した商店会に再生させようと、今春からさまざまな取り組みを行っている。

 まず着手したのが商店会のシャッター。5月にはSDGsが掲げる17の目標を描き、その理念を共有している。さらに、入居するパン屋で余ったパンをカフェで再利用して食品ロスを減らす取り組みなどを実施している。飯塚代表は「商店会は住民のためのもの。新たに入居した店舗もダンススクールやカフェなど地域に親しまれる業種に限定した。SDGsはちょっとした心がけで誰でもできる取り組み。入居店舗にもその理念に賛同していただいている」と話す。

地元自治会も協力

 さらに、この取り組みを地元の県営大島団地自治会(内田匠一会長)も積極的にバックアップする。協力して地域清掃にあたったり、イベントを共同で企画する。内田会長は「県営団地も高齢化が一つの課題だったが、近くの商店会が活気づいたのは喜ばしい。入居するダンススタジオは子どもの憩いの場になっているし、防犯カメラを大幅に増やしてもらったり、夜間蛍光灯を照らしてもらうなど、防犯面で非常に大きい助けになっている」と感謝する。

 今冬には、自治会の集会所周辺にリリマートと自治会が協力してクリスマスツリーも飾り、イルミネーションを点灯する予定。飯塚代表は「コロナ禍で夏祭りやイベントが全て中止になり、心が沈みがちな中、地域を点灯して少しでも住民の心を明るくしていければ」と話した。

SDGsの17の理念が描かれている
SDGsの17の理念が描かれている

さがみはら緑区版のトップニュース最新6

コロナを灯で吹き飛ばす

津久井湖城山公園

コロナを灯で吹き飛ばす 文化

4万5千球が神秘的に

10月29日号

WEリーグ参入決まる

ノジマステラ神奈川相模原

WEリーグ参入決まる スポーツ

日本初 女子プロサッカー

10月29日号

相模原をドローンの町に

相模原をドローンの町に 社会

中央区横山に新拠点誕生

10月22日号

官民で防災意識が向上

台風19号から1年

官民で防災意識が向上 社会

寄付、復旧活動に積極性

10月22日号

里親委託率、上昇傾向に

里親委託率、上昇傾向に 社会

10年以内に50%めざす

10月15日号

小編成の部で初全国へ

橋本高校吹奏楽部

小編成の部で初全国へ 教育

オンライン練で結束強め

10月15日号

あっとほーむデスク

  • 1月11日0:00更新

  • 9月21日0:00更新

  • 6月22日0:00更新

さがみはら緑区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年10月29日号

お問い合わせ

外部リンク