さがみはら緑区版 掲載号:2020年9月17日号 エリアトップへ

相模線新フレーズ決定 複線化めざす団体が企画

社会

掲載号:2020年9月17日号

  • LINE
  • hatena
贈られた賞状を手にする赤澤さん
贈られた賞状を手にする赤澤さん

 市内を走るJR相模線の新しいキャッチフレーズが7日、「複線化 みんなの未来へ 夢のせて」に決まったことが発表された。同線の複線化をめざす、相模原市などで構成される「相模線複線化等促進期成同盟会」が昨年10月から2カ月間にわたって募集していたもので、2144作品の応募があったという。

 新しいキャッチフレーズの考案者は同線沿線の寒川町に住む赤澤満さん。今回の応募作品における最優秀作品として、赤澤さんには同盟会から賞状と副賞が先ごろ贈られた。赤澤さんは「沿線住民の長年の夢である複線化実現への思いを込めた。複線化の実現により沿線地域が発展していくことを願っている」と受賞に対してコメントしている。

アシスト24

神奈川県相模原市の遺品整理・生前整理・会社整理

https://assist-metal.com/company01.html

<PR>

さがみはら緑区版のローカルニュース最新6

「和」の文化を体験

「和」の文化を体験 文化

日庭寺講座 参加者募集

9月24日号

観光大使がJAXA訪問

観光大使がJAXA訪問 社会

「はやぶさ2」PR動画制作

9月24日号

「流行れ 青パパイヤ」

まるは農園

「流行れ 青パパイヤ」 社会

希少種栽培で勝負

9月24日号

市児相 マニュアルを策定

市児相 マニュアルを策定 社会

転出先への引き継ぎ主眼

9月24日号

米国の映画賞受賞

中央区出身 杉岡太樹監督

米国の映画賞受賞 文化

ドキュメンタリー作品で

9月24日号

遺品整理サービスに気を付けて

遺品整理サービスに気を付けて 社会

県が注意喚起

9月24日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 1月11日0:00更新

  • 9月21日0:00更新

  • 6月22日0:00更新

さがみはら緑区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年9月24日号

お問い合わせ

外部リンク