さがみはら緑区版 掲載号:2020年10月15日号 エリアトップへ

神奈川県畳工業協同組合相模原支部の支部長についた 萩原 真澄さん 中央区高根在住 57歳

掲載号:2020年10月15日号

  • LINE
  • hatena

「畳」で地域に幸せを

 ○…畳製造事業に関する経営、技術の向上などを目的とする県畳工業協同組合相模原支部の支部長にこのほど就任。同時期に上部組織である県の常務理事にも任命された。特に県の常務理事は役付きでない一般会員からの異例の任命。業界は縮小傾向にあり、岐路に立たされているからこその抜擢だった。

 ○…強豪で知られた相原高校陸上部で1年生の頃からレギュラーを獲得するが、思うように成績を残せずに部活や勉強をなまけがちに。「やんちゃな」学生生活を送っていたが、母から見聞を広げるため父が営む畳店ではなく都内の畳店での修業を勧められた。本当はプログラマーになりたかったが、知識や技術が身に付いてくると次第と仕事に夢中に。「畳が変わるとそこに住んでいる人が笑顔になる。それがうれしくて」。道を示してくれた母への感謝を忘れず、現在は2代目として萩原製畳を営む。

 ○…仕事終わりの楽しみは妻との晩酌。ハイボールを飲みながらきょうあったことを話し、ひと息つくのが癒し。最近の一番のニュースは娘の結婚。コロナ禍で披露宴は自粛したが、娘の門出が「なによりの幸せ」と顔をほころばせる。

 ○…洋室中心の住環境の変化に伴い、畳の生産量も減少。畳店の数も徐々に少なくなっていることを憂慮している。それでも支部長を務めるからには結束を固め、より地域に必要とされる組織への改革に挑戦する構えだ。そのために積極的に情報交換ができる体制づくりと、スキルアップをめざし研修などを行う。目標とするのは「地域の人が畳のことで困ったら、気軽に電話をしてくれる組合」。畳を取り巻く環境も10年前とは変わっているが、「畳で地域に幸せを」という思いは変わらない。

相模原市から大切なおしらせです

新型コロナウイルスワクチンの詳しい情報については市HPをご確認ください

https://www.city.sagamihara.kanagawa.jp/kurashi/kenko/kansenyobo/1019910/1022588/index.html

<PR>

さがみはら緑区版の人物風土記最新6

北川 智子さん

国立研究開発法人宇宙航空研究開発機構(JAXA)の宇宙教育センター長に4月1日付で就任した

北川 智子さん

中央区淵野辺在住 42歳

5月26日号

西 康夫さん

「相模原のカザグルマを守る会」の会長を務める

西 康夫さん

下九沢在住 69歳

5月19日号

土橋(つちはし) 美穂さん

市みんなのSDGs推進課が啓発用に作ったエコバッグにデザインが採用された

土橋(つちはし) 美穂さん

中野在住 50歳

5月12日号

亦部(またべ) 隆子さん

市民サークル「工作・折り紙おりひめ」の代表として伝統文化の普及に努める

亦部(またべ) 隆子さん

林間在住 70歳

5月5日号

村山 武蔵さん

趣味のドラマ考察やマラソンなどの魅力をユーチューブで発信する

村山 武蔵さん

東京都在住 46歳

5月5日号

宮本 諒子さん

モーニング津久井。のメンバーで相模原市観光親善大使として活動する

宮本 諒子さん

町屋在住 32歳

4月28日号

あっとほーむデスク

  • 8月19日0:00更新 文化

  • 1月11日0:00更新

  • 9月21日0:00更新

さがみはら緑区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2022年5月26日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook