さがみはら緑区版 掲載号:2020年11月26日号 エリアトップへ

コロナの受診・相談 「まずはかかりつけ医に」 インフルに備え、体制変更

社会

掲載号:2020年11月26日号

  • LINE
  • hatena

 インフルエンザの流行に備えて市は11月2日から、新型コロナウイルス感染症の受診・相談方法を変更している。

 従来、発熱や強いだるさがあり、コロナの感染が疑わしい場合は、帰国者・接触者相談センターに電話し、市が症状を聞き取ったうえで、専門外来を設置している市内の医療機関や、ドライブスルー方式のPCR検査を案内するなどしていた。また「発熱などがなくてもコロナの心配がある」といった一般的な相談や質問は「新型コロナウイルス感染症コールセンター」で対応していた。

 今回変更された新方式は、発熱・咳・咽頭痛のいずれかがある場合、まずは電話でかかりつけ医に相談し、診察の予約をする。診察のうえ、かかりつけ医がコロナの感染が疑わしいと判断した場合は、PCR検査を実施するための手続きを進める。「かかりつけ医がない」「予約が一杯で受診ができない」といった場合には、県が2日に新設した「発熱等診療予約センター」(【電話】0570・048914、つながらない時は【電話】045・285・1015)が、診療可能な医療機関の予約手続きを代行する。同センターでは、9日から電話と併用してアプリ「LINE」による診療予約も開始。公式アカウント「新型コロナ対策パーソナルサポート(行政)」で検索できる。

 従来の帰国者・接触者相談センターと新型コロナウイルス感染症コールセンターは統合され、コロナの一般的な相談に対応する「市新型コロナウイルス感染症相談センター」として一元化。電話は帰国者・接触者相談センターの番号(【電話】042・769・9237)が引き続き活用される。

 県内の自治体では、川崎市や藤沢市、茅ヶ崎市などが2日から同様の体制をとっている。

個々で対策「徹底を」

 市疾病対策課では「一般的な相談や質問の窓口は感染症相談センターに一本化し、わかりやすくした。また発熱・咳・咽頭痛の症状がある場合、まずは身近なかかりつけ医にご相談いただくことで受診増につなげたい」と話す。また、「年末年始は帰省などもあり人が集まる機会が増える。家庭内にも感染のリスクはある。手洗い、うがいはもちろん、大皿料理には取り分け用の箸を用意するなど、個々で徹底して感染防止対策をしてほしい」と呼びかける。

さがみはら緑区版のローカルニュース最新6

一年を安全に

一年を安全に 文化

佛光寺で相陽建設が祈念

1月21日号

「ジュニア世代」へ寄付

相模原出身プロゴルファー

「ジュニア世代」へ寄付 社会

昨年末、所属した協会経て

1月21日号

コロナ禍でもワークショップを

【Web限定記事】アートラボはしもと

コロナ禍でもワークショップを 文化

ラボックスプログラム参加学生募集

1月21日号

コロナの想いを川柳に

コロナの想いを川柳に 経済

城山商工会青年部

1月21日号

「淵野辺卒」ランナーら活躍

「淵野辺卒」ランナーら活躍 スポーツ

青学OB 駅伝などで

1月21日号

SC相模原、後援会が発足

SC相模原、後援会が発足 スポーツ

会長に本村市長

1月14日号

あっとほーむデスク

  • 1月11日0:00更新

  • 9月21日0:00更新

  • 6月22日0:00更新

さがみはら緑区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年1月21日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク