さがみはら緑区版 掲載号:2020年11月26日号 エリアトップへ

「スポレクパーク」一部開園 補給廠共同使用区域内に

社会

掲載号:2020年11月26日号

  • LINE
  • hatena
米軍相模原住宅地区にあるアーン小学校と、近隣の向陽小学校の代表児童による記念植樹=11月14日
米軍相模原住宅地区にあるアーン小学校と、近隣の向陽小学校の代表児童による記念植樹=11月14日

 相模総合補給廠の共同使用区域内に整備されている新しい運動公園「相模原スポーツ・レクリエーションパーク」の一部エリアが11月14日、オープンした。

 同パークは、2024年度までに同区域内に人工芝グラウンドや軟式野球場などが順次整備されていく約10haの都市公園で、今回オープンしたのはそのうち、約1・4haの芝生広場と約0・3haの遊具広場。

 同日は秋晴れの下で開園式が行われ市や米軍、自治会関係者らが出席。本村賢太郎市長は「お子さんからシニア世代まで笑い声があふれるパークとなることを期待する」、在日米陸軍基地管理本部のトーマスR.マテルスキー司令官は「私たちと自治体や市民の皆様とのすばらしい関係を表す証。長年の友好に感謝する」とあいさつした。その後、相模原造園協同組合から寄贈された陽光桜3本を来賓が植樹。記念演奏では向陽・星が丘・大沢少年少女鼓笛隊が合同で相模原市民の歌などを奏でた。開園を盛り上げるために向陽小児童が作成した壁新聞や図工作品も園内に展示された。初日は多くの家族連れなどが訪れ芝生でくつろいだり遊具で遊んだりしてにぎわった。

さがみはら緑区版のローカルニュース最新6

一年を安全に

一年を安全に 文化

佛光寺で相陽建設が祈念

1月21日号

「ジュニア世代」へ寄付

相模原出身プロゴルファー

「ジュニア世代」へ寄付 社会

昨年末、所属した協会経て

1月21日号

コロナ禍でもワークショップを

【Web限定記事】アートラボはしもと

コロナ禍でもワークショップを 文化

ラボックスプログラム参加学生募集

1月21日号

コロナの想いを川柳に

コロナの想いを川柳に 経済

城山商工会青年部

1月21日号

「淵野辺卒」ランナーら活躍

「淵野辺卒」ランナーら活躍 スポーツ

青学OB 駅伝などで

1月21日号

SC相模原、後援会が発足

SC相模原、後援会が発足 スポーツ

会長に本村市長

1月14日号

あっとほーむデスク

  • 1月11日0:00更新

  • 9月21日0:00更新

  • 6月22日0:00更新

さがみはら緑区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年1月21日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク