さがみはら緑区版 掲載号:2020年12月10日号 エリアトップへ

(PR)

シリーズ〜新ゆりドクター通信〜 骨髄異形成症候群って聞いたことありますか? 三成会 新百合ヶ丘総合病院

掲載号:2020年12月10日号

  • LINE
  • hatena
血液内科 田内 哲三 部長
血液内科 田内 哲三 部長

 骨髄異形成症候群は、造血幹細胞の遺伝子異常によって起こり高齢者に非常に多くみられます。

 具体的には、造血幹細胞の成熟した血球が順調に成長できなくなり、結果として白血球減少、貧血、血小板減少が起こります。また、骨髄異形成症候群の患者さんの骨髄と末梢血に、成熟障害の程度を反映して未熟な血液細胞が様々な割合で見られ、急性骨髄性白血病に移行したり、肺炎などの感染症を合併します。

 骨髄異形成症候群は単一の病気ではなく様々な種類があり、同じ病気でも進行の速度や特徴が変わってきます。化学療法の必要な患者さんに脱メチル化薬という薬剤がありますが、効果は一時的です。来年の春になるとBCL2阻害剤が認可されるため、新たな治療効果が期待できます。

新百合ヶ丘総合病院

川崎市麻生区古沢都古255

TEL:044-322-9991

http://www.shinyuri-hospital.com/

さがみはら緑区版のピックアップ(PR)最新6

『首や腰の痛み』知って得する脊髄脊椎のお話

『首や腰の痛み』知って得する脊髄脊椎のお話

その11「骨粗鬆症性椎体骨折による遅発性麻痺」について

1月27日号

池上彰氏オンライン講演

2月21日

池上彰氏オンライン講演

県宅建協会4支部が主催

1月27日号

地震時、最大300万円補助

地震時、最大300万円補助

「地震補償付きリフォーム」が好評 2月10日まで

1月27日号

正社員めざすセミナー

相模原市

正社員めざすセミナー

「就職氷河期世代」の正規雇用を応援

1月20日号

住まいの悩み解決します

住まいの悩み解決します

城山商工会「家、元気。」

1月20日号

今年も安心・安全な医療で地域貢献

森田病院施設紹介【4】

今年も安心・安全な医療で地域貢献

1月13日号

相模原市からのお知らせです

新型コロナウイルスワクチンの詳しい情報については市HPをご確認ください

https://www.city.sagamihara.kanagawa.jp/kurashi/kenko/kansenyobo/1019910/1022588/index.html

<PR>

あっとほーむデスク

  • 8月19日0:00更新 文化

  • 1月11日0:00更新

  • 9月21日0:00更新

さがみはら緑区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2022年1月27日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook