さがみはら緑区版 掲載号:2020年12月10日号 エリアトップへ

市内飲食、宿泊業が新団体 コロナ打破めざし設立

経済

掲載号:2020年12月10日号

  • LINE
  • hatena
所信を表明する岩崎氏
所信を表明する岩崎氏

 新型コロナウイルスによる低迷からの打破をめざし、市内24の飲食と宿泊業(2団体)の組合らが合同で新団体を設立。11月26日、南区のホテルで設立総会が開かれた。

 会場には各組合の代表者らが集まり、経営情報の共有化や各種講習会の開催のほか、コロナ禍での「新しい経営」の在り方の研究などに会をあげて取り組んでいく内容を確認。賛同の拍手と共に新たなスタートを切った。

初代会長に岩崎氏

 新団体の名称は「相模原飲食宿泊業連絡協議会」。初代会長には、「ホテルラポール千寿閣」などを運営する千寿産業(南区)の岩崎正氏が就いた。今後、会は会員らの現状や要望をヒアリングし、問題点を抽出した上で、コロナ対策や合同の企画などを実施していく考えという。

 岩崎氏は「異業種が協力し合うことになる。まず、視点の高さを同じにしていく必要があると考えている。親睦を図っていきたい」と話し、力を1つにすることで相模原市など行政への「発言力」も増していきたいとしている。

「力合わせ打破を」

 総会に参加した各組合の代表者らからは、会設立に対して期待を寄せる声が聞かれた。

 市内の寿司店らで構成される「相模原鮨商組合」組合長の紅林秋男氏は「町の寿司屋はコロナの影響で苦戦している。皆で力を合わせていければ」と話し、共に参加した同じ組合の小林経雄氏は「活気を増し、地域にも貢献していければ」と新団体の設立を歓迎。

 一方、会の副会長の一人で、相模原旅館ホテル組合の組合長である水谷好男氏は「情報共有を密にし、飲食、宿泊業共に発展していきたい」と話している。

引き続き、募集

 会では引き続き、協力団体を募集する。正会員は年会費1万2千円、賛助会員は6千円。特別会員などもある。問い合わせは同会事務局「とことん餃子の朝日屋」小林さん【携帯電話】090・2940・1661へ。

会創設の発起人ら
会創設の発起人ら

相模原市からのお知らせです

新型コロナウイルスワクチンの詳しい情報については市HPをご確認ください

https://www.city.sagamihara.kanagawa.jp/kurashi/kenko/kansenyobo/1019910/1022588/index.html

<PR>

さがみはら緑区版のローカルニュース最新6

2年ぶりおもちゃの病院

2年ぶりおもちゃの病院 社会

23日 環境情報センター

1月20日号

個別接種の予約を支援

コロナワクチン

個別接種の予約を支援 社会

市内9カ所で土・日実施

1月20日号

団員募集で独自に広報

市消防団北方面隊

団員募集で独自に広報 社会

1月20日号

一年の無事を願う

一年の無事を願う 社会

 佛光寺で安全など祈念

1月20日号

夢を持つ大切さを伝える

夢を持つ大切さを伝える 文化

「チーム右京」が講演

1月20日号

エコバッグで一致団結

自治会・各種団体におすすめ

エコバッグで一致団結 社会

オリジナルデザイン制作します

1月20日号

あっとほーむデスク

  • 8月19日0:00更新 文化

  • 1月11日0:00更新

  • 9月21日0:00更新

さがみはら緑区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2022年1月20日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook