さがみはら緑区版 掲載号:2021年1月14日号 エリアトップへ

緊急事態宣言市対応 外出自粛「強く要請」 公民館など134施設休止

社会

掲載号:2021年1月14日号

  • LINE
  • hatena

 新型コロナウイルス感染症に関する緊急事態宣言が、7日に国から1都3県に対して発出されたことを受け市は8日、対策本部で対応を協議し、同日の年頭記者会見で発表した。本村賢太郎市長は「感染の早期収束に向け、市民、事業者、行政が一丸となって取り組むことが求められている」とし、市民に対して外出自粛を強く求めていく考えを示した。市の対応は8日から緊急事態宣言終了まで。(11日現在)

-・-・-・-・-

 県が示した「特措法に基づく緊急事態措置に係る神奈川県実施方針」を踏まえた対応。

 市民生活については、徹底した外出自粛を広く周知するとし、特に午後8時以降は不要不急の外出を控えるよう求めた。感染リスクが高まる「5つの場面」(飲酒を伴う懇親会・大人数や長時間の飲食・マスクなしでの会話・狭い空間での共同生活・居場所の切り替わり)を避けるなど、「感染を防ぐ取り組みを強く要請したい」とした。

 市立小中学校、義務教育学校は休業せず、教育活動を継続する。現時点では授業時間の削減や分散登校は行わない方針。

 市が設置する施設は公民館や地域センターなど134施設を13日から休止に。一方、こどもセンターや児童館、図書館などは開館、保育所や児童クラブも開所する。本村市長は、「前回の緊急事態宣言で児童への虐待などが見られたことや、(今回は)学校が休業しないことを含め、子ども関連施設は開けていく」とした。

 市主催イベントは原則3月31日(水)まで中止。ただし、市政運営上必要と認められるものについては、対策をした上で実施する。新成人を祝う「はたちのつどい」は多くの市民から望む声があったことや、早い段階から対策を検討してきたことなどを踏まえ、11日に市内3会場で開催された。

 このほか会見で本村市長は、経済対策として1月21日(木)から開始するキャッシュレス決済ポイント還元事業「サンキューさがみはら!最大25%戻ってくるキャンペーン」について、非接触型の取り組みを加速させるねらいなどから予定通り実施するとした。市内飲食店・カラオケ店に対する2月7日までの時短営業などの要請については、「オール相模原で一日も早く収束への取り組みを進めなければいけない」とし、応じない場合は店名公表も辞さない考えを示した。また、組織体制について新型コロナウイルス感染症対策に特化した「感染症対策課」と「新型コロナウイルスワクチン接種班」の12日付での設置を報告。「ワクチン接種体制の整備に向け、必要な準備を着実かつ早期に進め、市民に2回の接種を行ってまいりたい」と述べた。

宣言、市内の反応は

 今回の緊急事態宣言を受け、相模原飲食宿泊業連絡協議会の岩崎正会長は「会合で今後の対応を協議したい」と述べ、相模原市自治会連合会の坂本堯則会長は「市はホームページやメールなどで発信を行っているが、受信設備がない人に向けて、回覧板や啓発物で感染対策の注意を促す協力をしたい」と話した。

さがみはら緑区版のトップニュース最新6

23年義務教育学校へ

新校は既存校舎を増改築

23年義務教育学校へ 教育

2月25日号

SC相模原 いざJ2開幕

SC相模原 いざJ2開幕 スポーツ

28日、初戦は京都サンガ

2月25日号

3.7千万円の「恩返し」

緑区地域医療を支える会

3.7千万円の「恩返し」 社会

コロナ奮闘 協同病院へ寄付

2月18日号

6年ぶり減の2,989億円

当初予算案一般会計

6年ぶり減の2,989億円 政治

緊縮編成 コロナ対策継続

2月18日号

特製マンホール蓋を設置

「はやぶさ2」関連事業

特製マンホール蓋を設置 社会

カプセル帰還成功を記念

2月11日号

気候研究で環境大臣賞

ふじの里山くらぶ

気候研究で環境大臣賞 文化

5年間の活動が評価

2月11日号

あっとほーむデスク

  • 1月11日0:00更新

  • 9月21日0:00更新

  • 6月22日0:00更新

さがみはら緑区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年2月25日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク