さがみはら緑区版 掲載号:2021年1月28日号 エリアトップへ

今年度、市内で唯一文部科学省からスポーツ推進委員功労者表彰を受けた 伊藤 孝久さん 橋本在住 69歳

掲載号:2021年1月28日号

  • LINE
  • hatena

「生涯スポーツ」を楽しむ

 ○…全国の市町村で、スポーツ振興や普及のために実技の指導や大会・イベントなどの準備を行う「スポーツ推進委員」。26年間の活動功績が認められ、文部科学省から表彰を受けた。今年度は全国から84人、市内ではただ一人。「昔から体を動かすことが好きで、委員の活動も楽しみながらやれた」と朗らかな表情を浮かべる。

 ○…愛知県出身。高校ではラグビーに明け暮れ、体を動かすことの爽快感、仲間と目標に向かって努力する充実感が染みついた。就職を機に相模原市に来た後も、地域のスポーツチームに顔を出しては週末をグラウンドで過ごす日々。特に草野球は20年以上のプレー歴があり、「休みの度に出るので、奥さんに怒られたこともあったかな」と苦笑いだ。

 ○…スポーツ推進委員の活動は1990年代から。三世代家族や近所づきあいも多く、当時住んでいた中央区の大野北地区での市民運動会には2千人以上が集まったという。時代は変わり、趣味やスポーツの楽しみ方も多様化した。近所に限らず、インターネットなどで愛好者同士が繋がることが容易にできる時代。「昔のように地域みんなで、とはいかないけれど、若い人は慣れていないだけ。どんなスポーツもやればきっと面白い」と時代に合った楽しみ方に理解を示す。

 ○…都内の学校に長年勤務した後、3年前から橋本公民館の館長を務めている。「生涯スポーツ」をモットーに、障がいの有無に関わらずにできる「ボッチャ」の普及に注力しようとした矢先、コロナが感染拡大。講習会やイベントが行えず、むずがゆい毎日が続く。「収束したら、ぜひやりたいね」。めざすは老若男女が夢中になって楽しめる、そんな場を提供することだ。

さがみはら緑区版の人物風土記最新6

篠崎 修さん

「相模原の子どもと教育を考える会」の代表で、少人数制学級の早期実現を訴える

篠崎 修さん

橋本出身 72歳

4月22日号

田中 浩さん

4月に統合した「消費生活総合センター」の所長を務める

田中 浩さん

橋本在勤 59歳

4月15日号

石原 朗さん

4月1日付で緑区長に就任した

石原 朗さん

八王子市在住 57歳

4月8日号

樋口 一美さん

相模原市立公文書館の3代目の館長として活躍する

樋口 一美さん

原宿在住 61歳

4月1日号

泉口(いずぐち) 友汰さん

7年ぶりに東都1部リーグに返り咲いた青山学院大学硬式野球部で主将を務める

泉口(いずぐち) 友汰さん

中央区淵野辺在住 21歳

3月25日号

磯貝 サイモンさん

相模原市の「新しい生活様式」実践促進動画のBGM「skylark」を制作した

磯貝 サイモンさん

相模原市出身 37歳

3月18日号

あっとほーむデスク

  • 1月11日0:00更新

  • 9月21日0:00更新

  • 6月22日0:00更新

さがみはら緑区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年4月22日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter