さがみはら緑区版 掲載号:2021年4月29日号 エリアトップへ

29日から行われる「和田自治会 鯉のぼり谷渡し」の実行委員会会長を務める 小池 芳実さん 佐野川在住 72歳

掲載号:2021年4月29日号

  • LINE
  • hatena

泳ぐ姿に「鯉」焦がれ

 ○…佐野川地区の澤井川の上空に約200匹の鯉のぼりが泳ぐ「和田自治会 鯉のぼり谷渡し」。4年前、主催団体の高齢化によりその意思を引き継ぐ形で実行委員会を立ち上げた。村おこしを目的に、約40年途切れることなく続いてきたが、昨年は新型コロナの影響で中止に。再開を心待ちにしていた。

 ○…佐野川生まれの佐野川育ち。同郷の妻と、昨年から大学進学のため関東に出てきた孫と3人で暮らしている。元々の性格は「引っ込み思案」。しかし、30歳過ぎで市の青少年指導委員に任命され、人柄が変わった。地域活動の一環で登った陣馬山の頂上で、千人近くいる子どもや保護者の前でゲーム大会をしろという命が下った。突然のことながらやり切ったものの、「緊張が後から来て、下山後すぐ寝込んだ」と苦笑する。

 ○…年を重ね、人柄は次第に「おもてなし精神」溢れる性格に。藤野観光協会主催の「藤野里山体験ツアー」の受け入れ家庭として、都心などから来た家族を精一杯もてなす。自宅そばの澤井川に招き、釣りや川遊び、割った竹の中で作る炊き込みご飯「かぐや姫ごはん」の調理体験などをレクチャー。3年前の夏には、訪日したカナダ代表のボートチーム選手団に「日本文化を感じてほしい」と河原で流しそうめんをふるまった。

 ○…「谷渡し」が始まった頃は、30代でまだまだ下っ端だった。初回は手元に何もなかったので、「訳もわからず近隣を訪ね、『鯉のぼりを貸してほしい』と説得して回ったのが懐かしい」と目を細める。あれから約40年、今は実行委員会の会長として、掲出の実務や寄付の呼びかけに奔走する。昨年は見られなかった鯉の泳ぐ姿。今年こそは元気な姿を見せたいと熱が入る。

さがみはら緑区版の人物風土記最新6

五十嵐 琉珂(いからし るか)さん

第42回全国中学生選抜将棋選手権の県予選女子の部で優勝した

五十嵐 琉珂(いからし るか)さん

シュタイナー学園中等部在学 14歳

6月10日号

上原 すずさん(本名:宮前 磨美さん)

声優・ラジオパーソナリティで、「おうちde第48回市民桜まつり」でさがみはら絵本「なつのおと」を朗読した

上原 すずさん(本名:宮前 磨美さん)

大島在住 34歳

6月3日号

鈴木 美咲さん

第23回学校華道インターネット花展で関東ブロック賞を受賞した

鈴木 美咲さん

中央区水郷田名在住 18歳

5月27日号

山嵜 寿梨さん

「神奈川ファイナルバトル」で準優勝した小学生ドッジボールチーム「T.K.G」の監督を務める

山嵜 寿梨さん

相原在住 

5月20日号

山本 篤司さん

神奈川県商工会青年部連合会24代会長に就任した

山本 篤司さん

中野在住 41歳

5月13日号

中澤 吉裕さん

日本車いすテニスJAPANナショナルチーム監督として、(公財)日本障がい者スポーツ協会功労章を受賞した

中澤 吉裕さん

南区相南在住 50歳

5月7日号

あっとほーむデスク

  • 1月11日0:00更新

  • 9月21日0:00更新

  • 6月22日0:00更新

さがみはら緑区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年6月10日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter