さがみはら緑区版 掲載号:2021年4月29日号 エリアトップへ

(PR)

新院長着任し、体制新たに 医療レポート 「さらなる地域医療の充実を」 取材協力/晃友脳神経外科眼科病院

掲載号:2021年4月29日号

  • LINE
  • hatena
インタビューに答える山瀬美紀新院長=晃友脳神経外科眼科病院
インタビューに答える山瀬美紀新院長=晃友脳神経外科眼科病院

 「晃友脳神経外科眼科病院」(緑区大島)では山瀬美紀院長がこのほど着任し、新体制のもと、信頼の厚い地域医療サービスへ向け、さらなる充実をめざす。

 山瀬院長は北里大学医学部卒。順天堂大学医学部附属浦安病院をはじめ、同順天堂医院、サン・ラファエル病院(イタリア ミラノ)、東京医科大学八王子医療センターなどで主に循環器内科を専門に診療にあたった。日本内科学会認定医、日本循環器学会認定循環器専門医、日本不整脈学会-日本心電学会認定不整脈専門医、ヨーロッパ不整脈学会専門医の資格を持つ。

 院長就任にあたっては「従来の脳梗塞の治療はもちろん、当院では6月からカテーテル室も新しくなり、脳梗塞の要因である心房細動のカテーテル治療にも力を入れている」とした上で、「患者の立場に立った医療を心がけ、地域貢献に努めたい。胸が苦しいなど気になる方は気軽に来院していただければ」と話す。

医療体制も強化

 同院では昨年、併設のリハビリテーション病棟を19床増床し回復期22床、急性期37床の合わせて59床に。同院は急性期病院ながら脳卒中発症早期からリハビリテーションの充実にも力を注ぐなど医療体制の充実はもとより、「安全な治療を最優先」をモットーに医療でのハード、ソフト両面で強化していく構えだ。

 山瀬院長は設立時の「相模原市脳卒中救急に貢献する」の理念に立ち返り、「当院の使命はこの地域に最高の医療を提供することと考えている。私たち医療人にできること、当院にできること、時代とともに患者を第一にすること、それらを常に考え進化し続けていきたい」とし、今後の展望を示している。

■取材協力/晃友脳神経外科眼科病院

晃友脳神経外科眼科病院

相模原市緑区大島1605番1

TEL:042-761-2100

さがみはら緑区版のピックアップ(PR)最新6

地道な活動 一丸で推進

社員率先し取り組み考案

地道な活動 一丸で推進

マーク電子

6月10日号

市民をがんから守る

「保険代理店だからできることを」

市民をがんから守る

株式会社SA

6月10日号

PET検査とは?

シリーズ〜新ゆりドクター通信〜

PET検査とは?

三成会 新百合ヶ丘総合病院

6月10日号

エアコンか換気扇洗浄が4000円

”奥様応援キャンペーン”

エアコンか換気扇洗浄が4000円

6月10日号

パソコンの「困った」に対応

パソコンの「困った」に対応

メディアックパソコンスクール橋本

6月10日号

『首や腰の痛み』知って得する脊髄脊椎のお話

『首や腰の痛み』知って得する脊髄脊椎のお話

その3「坐骨神経痛」について

5月27日号

あっとほーむデスク

  • 1月11日0:00更新

  • 9月21日0:00更新

  • 6月22日0:00更新

さがみはら緑区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年6月10日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter