さがみはら緑区版 掲載号:2021年5月7日号 エリアトップへ

建築関連など35事業者 協同病院へ163万円寄付  サーティーフォー主体に

社会

掲載号:2021年5月7日号

  • LINE
  • hatena
井關病院長(右)へ寄付金と目録を手渡す唐橋社長=4月26日、相模原協同病院
井關病院長(右)へ寄付金と目録を手渡す唐橋社長=4月26日、相模原協同病院

 コロナ禍の中で感染症指定医療機関として尽力する相模原協同病院(井關治和病院長)を応援しようと、住宅・総合不動産業「サーティーフォー」(橋本・唐橋和男社長)が関連事業者や子会社へ寄付を呼びかけ、集まった163万4389円を、4月26日に同病院へ寄贈した。

 地域の中核を担う医療機関であり、昨年1月に国内初の新型コロナ患者を受け入れて以降、対応に力を尽くしてきた同病院に対し、感謝と応援の気持ちを込め、同社が昨年末に市内外の取引事業者や子会社へ呼びかけた。この趣旨に賛同した関連31業者、子会社3社と自社を合わせて、35事業者の寄付金を、サーティーフォーが取りまとめた。また、同社のグループ企業が運営する飲食店やタクシー会社の利用客らから寄せられた募金も加えた。

 同日、同病院で行われた授与式で唐橋社長は井關病院長へ目録と寄付金を手渡し、「少しでも多くの寄付が集まり、病院が安定して運営されることが大事。これを呼び水に寄付の機運が醸成されれば。今後も市民として相模原協同病院を支えていきたい」と思いを述べた。これに対し井關病院長は「昨年1月当初は未知のウイルスと呼ばれる新型コロナに職員もかなり疲弊した状態で、それでも頑張ってきた。職員がモチベーションを維持できる理由の一つは地域の方々が当院を支えてくださる気持ちを感じられること」と謝辞を述べ、「皆様の心のこもった浄財は感染対策および、今年1月に(緑区橋本台へ)移転し、(当初の)計画ではわからなかった患者さんのご不便を解消するために使わせていただきたい」と話した。

さがみはら緑区版のローカルニュース最新6

角田選手を応援しよう

F1レーサー

角田選手を応援しよう 社会

地元有志がサイト立ち上げ

6月17日号

市役所前で献血活動支援

市役所前で献血活動支援 文化

24日 宅建協会相模北

6月17日号

親しみやすい「愛称」募集

親しみやすい「愛称」募集 文化

市立環境情報センター

6月17日号

保育人材確保へ施策推進

保育人材確保へ施策推進 教育

市、独自の助成など

6月17日号

児童虐待の相談「増加」

児童虐待の相談「増加」 教育

社会的関心の高まりも

6月17日号

10個人1団体を表彰

10個人1団体を表彰 社会

2020年度 優良農業者

6月17日号

あっとほーむデスク

  • 1月11日0:00更新

  • 9月21日0:00更新

  • 6月22日0:00更新

さがみはら緑区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年6月17日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter