さがみはら緑区版 掲載号:2021年7月1日号 エリアトップへ

市立公文書館 時を貫く記録を公開中 9月29日まで常設展示

教育

掲載号:2021年7月1日号

  • LINE
  • hatena
地租改正関連の簿冊なども展示されている
地租改正関連の簿冊なども展示されている

 相模原市立公文書館(城山総合事務所第2別館3階)は、明治時代からの旧相模原町域の歴史的公文書を常設展示している。期間は9月29日(水)まで。開館時間は午前8時45分から午後5時。

 今回の展示は、今年4月1日に市立博物館から公文書館に移管された歴史的公文書の一部を展示するもの。 同公文書は、旧相模原町を構成した相原村・大野村・大沢村・田名村・上溝町・麻溝村・新磯村の7町村のもの。1889年(明治22年)の町村制施行以降の行政文書が中心となっている。 村会(村政)、土地、勧業(産業)、衛生(厚生)、教育(学事)、社寺(宗教)、兵事(軍事)などの項目ごとに展示されている。 また、特徴的な事例として旧相原村の「電灯設置関係書」関連の資料や簿冊を展示し、明治末期の相原村における送電線の設置から1917年(大正6年) に橋本駅付近の電灯が点灯されるまでの経過が示されている。

 これらの資料は1964年から1972年にかけてまとめられた「相模原市史」編さんのために収集された資料で、市史編さん後も、市立図書館古文書室で保管され、旧橋本出張所に残された旧町村文書などと併せ、1995年の市立博物館開館とともに市立博物館収蔵庫に収められていた。

 市立公文書館では、昨年度より企画展期間以外でも来館者が歴史的公文書を閲覧できるよう、歴史的公文書を常設展示している。

 問い合わせは、相模原市立公文書館【電話】042・783・8053、土日祝日は休館。

さがみはら緑区版のローカルニュース最新6

「持ち寄り文化祭」力作集合

「持ち寄り文化祭」力作集合 文化

東橋本商店会で初企画

10月21日号

ノジマ、首位神戸に惜敗

WEリーグ

ノジマ、首位神戸に惜敗 スポーツ

1失点に泣く

10月21日号

「4R」で循環型社会へ

「4R」で循環型社会へ 社会

10月末までキャンペーン

10月21日号

市長とまちづくりを語る

市長とまちづくりを語る 社会

10月22日 JCが例会配信

10月21日号

SC、痛い連敗

サッカーJ2

SC、痛い連敗 スポーツ

山形相手にノーゴール

10月21日号

相模原の子育て情報サイト こみかる★きっず

子育てしやすい街を目指して

相模原の子育て情報サイト こみかる★きっず 教育

vol.9 保活、どうしてますか?

10月21日号

立憲民主党・ごとう祐一

提案を実現 予算委質問時間No.1(2020~21年まで)

https://www.jitsugen.jp/

義家ひろゆき

厚木市旭町1の15の17

https://www.yoshiie-hiroyuki.com/

<PR>

あっとほーむデスク

  • 8月19日0:00更新 文化

  • 1月11日0:00更新

  • 9月21日0:00更新

さがみはら緑区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年10月21日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook