さがみはら緑区版 掲載号:2021年9月9日号 エリアトップへ

パラ市関係の出場者 メダル・入賞で大活躍 「金」含めリオ大会上回る

スポーツ

掲載号:2021年9月9日号

  • LINE
  • hatena
東京パラリンピックでメダル獲得・入賞を果たした(上・左から)中澤監督、田中コーチ、佐藤選手=(C)JBFA、(下・左から)道下選手、伴走者の青山さん
東京パラリンピックでメダル獲得・入賞を果たした(上・左から)中澤監督、田中コーチ、佐藤選手=(C)JBFA、(下・左から)道下選手、伴走者の青山さん

 日本のメダル獲得ラッシュで沸いた東京パラリンピックでは、市内から出場した4人すべてがメダル獲得や入賞を果たすなど大活躍を見せた。大会期間中は市もホームページなどで選手たちの紹介やSNS上で活躍ぶりをニュースとして発信。市民の応援の機運を高めるなどして、前回のリオデジャネイロ大会を上回る選手たちの好成績を力強く後押しした。

 陸上女子マラソン視覚障害クラスでは、銀メダルだった前回のリオ大会と同じく市職員の青山由佳さん(35)=南区在住が前半の伴走者を務めた、道下美里選手(44)が金メダルを獲得。中澤吉裕監督(50)=南区在住が率いた車いすテニスでは、シングルスでの国枝慎吾選手の金メダルをはじめ、銀・銅メダルを獲得、ダブルスでは男女とも銅メダルに。パラ卓球(肢体不自由者)では、田中卓也コーチ(49)=緑区在住の指導のもと、銅メダル獲得のほか、入賞を果たした。

 一方で、今大会が初出場となった5人制サッカー(ブラインドサッカー)の日本代表は5位入賞に食い込むなど奮闘。その中でも守護神、司令塔としてGKを務めた佐藤大介選手(37)=南区在住は好プレーを連発し、チームを大いに盛り立てた。

 リオ大会での悔しさをバネに臨んだ、今大会での悲願の「金」に道下さんは、「5年前の忘れ物を取ることができてうれしい」と率直な思いを話すとともに、「最高の伴走者と、最高の仲間たちと金メダルをつかみとることができた」と感謝の気持ちを表した。表彰式では、自身の金メダルを青山さんの首にかけようとする場面もあるなど、これまで築き上げてきた「家族のようなチーム」づくりの一端がうかがえた。本村賢太郎市長は、「多くの子どもたちに夢と感動を届けていただきました」と道下選手の功績をたたえるとともに、「道下選手をサポートしてきた青山さん、志田淳さん、本当にお疲れ様でした、おめでとうございます」と労いのメッセージを寄せた。

 市もフェイスブックやツイッターなどで連日選手の出場日程や競技結果の情報を発信。多くの市民が「いいね」で応えるなど選手たちの活躍を熱く盛り上げた。今後は祝福の横断幕がJR相模原駅、橋本駅、小田急線相模大野駅、市役所本庁舎で掲げられる。
 

相模原市からのお知らせです

新型コロナウイルスワクチンの詳しい情報については市HPをご確認ください

https://www.city.sagamihara.kanagawa.jp/kurashi/kenko/kansenyobo/1019910/1022588/index.html

<PR>

さがみはら緑区版のローカルニュース最新6

2年ぶりおもちゃの病院

2年ぶりおもちゃの病院 社会

23日 環境情報センター

1月20日号

個別接種の予約を支援

コロナワクチン

個別接種の予約を支援 社会

市内9カ所で土・日実施

1月20日号

団員募集で独自に広報

市消防団北方面隊

団員募集で独自に広報 社会

1月20日号

一年の無事を願う

一年の無事を願う 社会

 佛光寺で安全など祈念

1月20日号

夢を持つ大切さを伝える

夢を持つ大切さを伝える 文化

「チーム右京」が講演

1月20日号

エコバッグで一致団結

自治会・各種団体におすすめ

エコバッグで一致団結 社会

オリジナルデザイン制作します

1月20日号

あっとほーむデスク

  • 8月19日0:00更新 文化

  • 1月11日0:00更新

  • 9月21日0:00更新

さがみはら緑区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2022年1月20日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook