さがみはら緑区版 掲載号:2021年10月7日号 エリアトップへ

市がJC、社協と災害協定 「平時からの協力が大切」

社会

掲載号:2021年10月7日号

  • LINE
  • hatena
左から笹野会長、久保津久井JC理事長、飯塚相模原JC理事長、本村市長=9月29日、市役所
左から笹野会長、久保津久井JC理事長、飯塚相模原JC理事長、本村市長=9月29日、市役所

 相模原市と公益社団法人相模原⻘年会議所(飯塚侑理事長、相模原JC)、公益社団法⼈津久井青年会議所(久保武史理事長、津久井JC)、社会福祉法人相模原市社会福祉協議会(笹野章央会長、市社協)は9月29日、「災害時における相互協⼒に関する協定」を締結した。関係者は「災害時には広域的に素早い支援が可能になる」と期待する。

 もともと市と相模原JC、市社協は2018年11月22日、同様の協定を結んでいた。そうした中その翌年、8人が犠牲になった緑区を中心に甚大な被害をもたらした令和元年東日本台風を受け、自然災害が最も懸念される津久井地域で活動する津久井JCを加えた4者で、災害の際に、円滑にボランティア活動を行えるよう、今回新たに協定を締結した。

 協定は地震災害、風水害などの発生時に、被災状況やボランティア活動の情報提供、 ⽀援物資の調達・仕分輸送の協力、市社協が設置・運営する「災害ボランティアセンター」への⼈的⽀援など、4者が効果的な活動を⾏うことを目的としている。協定期間は1年で、特段の申し出がない場合は延長される。

 29日は飯塚・久保両理事長と笹野会長が、本村賢太郎市長を訪れ、協定書を取り交わした。本村市長は両JCと市社協に対し、同台風の際のボランティア協力への感謝の意を示し、改めて災害時に対する備えと協力を要請。さらに「市は大規模災害に強い強靱なまちづくりを目指し、安心・安全に暮らせる活動に取り組んでいるので、この協定はその手助けになる」と力を込めた。それに対し、飯塚理事長は「平常時からの協力体制の構築が大切。今回の協定でさらに広域的な対応が可能になる」、久保理事長は「東日本台風の際は、最も大きな被害を受けた津久井地区に住む者として、人との繋がりの大切さを感じた」とあいさつした。一方、東日本台風の際に、災害ボランティアの活動希望者や支援要請者の取りまとめを行った市社協の笹野会長も「初めての経験で戸惑う面もあったが、そうした経験を活かし、災害時には素早い対応をしていきたい」と話した。

立憲民主党・ごとう祐一

提案を実現 予算委質問時間No.1(2020~21年まで)

https://www.jitsugen.jp/

義家ひろゆき

厚木市旭町1の15の17

https://www.yoshiie-hiroyuki.com/

<PR>

さがみはら緑区版のトップニュース最新6

「服を世界の難民に」

市  立青和学園

「服を世界の難民に」 社会

児童たちが寄付呼びかけ

10月14日号

自民立民 一騎打ちの様相

衆院選 神奈川14区・16区

自民立民 一騎打ちの様相 政治

10月14日号

市がJC、社協と災害協定

市がJC、社協と災害協定 社会

「平時からの協力が大切」

10月7日号

宣言解除後も「要警戒」

宣言解除後も「要警戒」 社会

市、感染対策継続を喚起

10月7日号

2回接種、5割超える

新型コロナ市内状況

2回接種、5割超える 社会

新規感染者減少も高水準

9月30日号

地域文化を支え20年

杜のホールはしもと

地域文化を支え20年 文化

「橋本とともに発展を」

9月23日号

あっとほーむデスク

  • 8月19日0:00更新 文化

  • 1月11日0:00更新

  • 9月21日0:00更新

さがみはら緑区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年10月14日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook