さがみはら緑区版 掲載号:2022年1月13日号 エリアトップへ

子育てしやすい街を目指して 相模原の子育て情報サイト こみかる★きっず vol.11 親と子の「相性」とは?

社会

掲載号:2022年1月13日号

  • LINE
  • hatena

 最近赤ちゃんの名前を見ても、男の子か女の子か判断できない時があります。性差を感じさせない「ジェンダーレスネーム」というそうです。好きな遊びや行動パターンで、男の子らしい、女の子らしいと口にしてしまうこともありますが、子育て広場では過度に「らしさ」を押し付けないように気を付けています。

 子どもにはそれぞれ生まれつきの「気質」があり、「性格」というのは成長するにつれて形成されてくるものです。生まれ持った「気質」はその人の核。成長しても基本的に変わることはなく、環境や周囲の人の関わり方によって、行動パターンが変わってきます。それが「性格」という形で現れてくるわけです。おっとり・おりこう・わんぱく・きくばり・がんばり…気質はさまざま。育児の「困った」も気質によって対応を変えるとうまく解決することがあります。

 親自身にもこの気質がありますから、親子で気質のタイプが違う場合には「どうも合わない」と感じることがあります。子育ては親にとって、つねに新たな経験に出会える機会にあふれています。タイプの違う気質の子どもを持ったら、自分の枠を広げて成長できるチャンスだととらえてみてはいかがでしょうか?持って生まれた気質や良い部分を大事にして伸ばしてあげると、それが成長するに連れその子らしい性格=「個性」になっていきます。

 これからの時代、学歴などを手に入れるよりも、自分の意思表示がちゃんとできて、人と違った個性を持つ人間に成長する方が重要なのではないかと思います。

さがみはら緑区版のローカルニュース最新6

「生への挑戦」描く

「生への挑戦」描く 文化

小島一朗さんが個展

8月11日号

「戦争のない世界を」

「戦争のない世界を」 社会

森政さん被爆体験を語る

8月11日号

命懸け戦った兵士に思いを

命懸け戦った兵士に思いを 社会

「見捨てられた戦場」著者 浜野和子さん

8月11日号

「職人技」を講座で伝授

「職人技」を講座で伝授 文化

橋本商店街で「まちゼミ」

8月11日号

小倉橋そばに大型横断幕

小倉橋そばに大型横断幕 スポーツ

オリンピックから1年で

8月11日号

「声なき声」に迫る120点

「声なき声」に迫る120点 文化

市民ギャラリー 江成常夫展

8月11日号

出張サポート窓口開催中

マイナンバーカードの申請出張サポート窓口を市内の商業施設などで開催しています

https://www.city.sagamihara.kanagawa.jp/kurashi/tetsuzuki/1024432.html

<PR>

あっとほーむデスク

  • 8月19日0:00更新 文化

  • 1月11日0:00更新

  • 9月21日0:00更新

さがみはら緑区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2022年8月11日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook