さがみはら緑区版 掲載号:2022年1月27日号 エリアトップへ

麻布大学の学長に就任した 川上 泰さん 伊勢原市在住 59歳

掲載号:2022年1月27日号

  • LINE
  • hatena

改革へ向け舵を取る

 ○…生命・環境科学部長の役職から一転、「志願者増加に向け尽力したい」と自ら学長選へ名乗りをあげた。獣医学部に比べて受験者数の確保が難しい同学部。「何か魅力がないと絶対的に人が集まらないことを実感している。内情を知った立場を生かし現状を打破したい」。念願叶い昨年11月、晴れて学長に選任された。直下に大学改革室を設置し、目標達成に向けてまい進していく。

 ○…青森県出身。医師だった父の背中を見て育ち、「父の仕事が僕の将来だと思っていた」。医学部をめざし、順調に青森の進学校へ入学。日々学業に励むも受験に失敗してしまう。「引かれたレールに乗るだけかな、と甘く考えていた。世間知らずだったんでしょうね」。本人曰く「医学部浪人から不本意の典型」で進学した麻布だったが、「研究室に入ったら意外に面白くて、一気に開花して大学に愛着がわいた」と振り返る。研究室では朝から晩まで寄生虫の研究に没頭。解剖用ネズミの捕獲に校内や近隣を走り回ることもあった。卒業後は北里大学で博士号を取得、麻布で研究職の道を歩んだ。

 ○…学長就任以降、「息つく暇がない」ほど多忙な毎日。唯一の息抜きは愛犬モカと過ごす時間だ。「趣味がないのが僕の弱点。運動も犬の散歩くらい。犬に全て捧げているような感じですかね」と目じりを下げる。

 ○…獣医中心の大学で「学長までなれるとは思わなかった。しっかり働き大学に還元したい」。課題克服には「教学の長として大学全体を正確に把握し、教職員との情報共有が重要」と説く。まずは「職員の能力を最大限に引き出せる環境づくり」から着手。その先にあるのは魅力に溢れ、選ばれる大学。教職員の先頭に立って士気をあげ、実現に向けて舵を取る。

さがみはら緑区版の人物風土記最新6

土橋(つちはし) 美穂さん

市みんなのSDGs推進課が啓発用に作ったエコバッグにデザインが採用された

土橋(つちはし) 美穂さん

中野在住 50歳

5月12日号

亦部(またべ) 隆子さん

市民サークル「工作・折り紙おりひめ」の代表として伝統文化の普及に努める

亦部(またべ) 隆子さん

林間在住 70歳

5月5日号

村山 武蔵さん

趣味のドラマ考察やマラソンなどの魅力をユーチューブで発信する

村山 武蔵さん

東京都在住 46歳

5月5日号

宮本 諒子さん

モーニング津久井。のメンバーで相模原市観光親善大使として活動する

宮本 諒子さん

町屋在住 32歳

4月28日号

蛭田 正志さん

このほど第89代津久井警察署長に就任した

蛭田 正志さん

城山在住 59歳

4月21日号

佐藤 治男さん

3月にHPを開設した、さがみはら津久井産材利用拡大協議会の会長を務める

佐藤 治男さん

牧野在住 76歳

4月14日号

あっとほーむデスク

  • 8月19日0:00更新 文化

  • 1月11日0:00更新

  • 9月21日0:00更新

さがみはら緑区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

さがみはら緑区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2022年5月12日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook