さがみはら緑区版 掲載号:2022年1月27日号 エリアトップへ

(PR)

『首や腰の痛み』知って得する脊髄脊椎のお話 その11「骨粗鬆症性椎体骨折による遅発性麻痺」について

掲載号:2022年1月27日号

  • LINE
  • hatena

 骨粗鬆症は、骨密度の減少や骨質不良により骨強度が低下して背骨に骨折を起こし易くなります。外傷歴が不明でいつ骨折したかが分からない「いつの間にか骨折」がかなり存在しますが、徐々に腰背部の痛みが増強し、下肢筋力低下や歩行困難が出現してから初めて医療機関を受診する人も少なくありません。骨折発生後数ヶ月経過していることもあります。

MRIやCT検査で圧潰した背骨が後方に突出し脊髄を圧迫している場合には、「椎体破裂骨折による遅発性脊髄麻痺」と診断されます。

 胸椎と腰椎の境に発生し易く、腰背部の痛み、腰曲がり、大腿部以下の下肢筋力低下や知覚異常の他に進行すると排尿障害が見られます。頻尿や尿勢減弱などの排尿障害は加齢と共にしばしば見られる症状ですが、残尿や腹圧を加えないと排尿出来ないなど明らかに悪化する場合には検査が必要です。

 コルセットや投薬による保存的治療で改善しない場合には、手術により脊髄圧迫を取り除き骨折部を安定化(除圧固定術)させる必要があります。

 次回の「知って得する脊髄脊椎のお話」については2月24日に掲載する予定です。

■取材・協力

八王子脊椎外科クリニック/東京都八王子市万町173の1

【電話】042・655・5566

【アクセス】JR八王子駅南口からタクシー3分、『京王バス』万町1丁目下車、『神奈中バス』万町2丁目下車

八王子脊椎外科クリニック

東京都八王子市万町173-1

TEL:042-655-5566

https://www.hachioji-spine.jp/

さがみはら緑区版のピックアップ(PR)最新6

骨粗鬆症の診断と治療

森田病院医師紹介【3】

骨粗鬆症の診断と治療

整形外科医 嶋崎孝輔

5月19日号

橋本の歯科医師13名在籍の歯科医院

橋本の歯科医師13名在籍の歯科医院

「どんな歯の困り事も橋本で対応可能」を目指して

5月19日号

「患者さん、ご家族の心に寄り添って」

「患者さん、ご家族の心に寄り添って」

医療法人社団 守成会広瀬病院 看護部緩和ケア認定看護師 師長

5月12日号

運動はからだの万能薬

シリーズ〜新ゆりドクター通信〜

運動はからだの万能薬

三成会 新百合ヶ丘総合病院

5月12日号

日本人1割が潜在患者「下肢静脈瘤」

ほねごりが橋本に移転

巨大なゴリラが目印

ほねごりが橋本に移転

地域の健康守る拠点に

5月5日号

あっとほーむデスク

  • 8月19日0:00更新 文化

  • 1月11日0:00更新

  • 9月21日0:00更新

さがみはら緑区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

さがみはら緑区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2022年5月19日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook