さがみはら緑区版 掲載号:2022年2月3日号 エリアトップへ

2021年 救急出場、搬送人員共に増 火災は131件で減少

社会

掲載号:2022年2月3日号

  • LINE
  • hatena

 市は1月21日、2021年中の救急と火災の概要を発表した。救急出場件数は3万5847件(前年比2586件増)、搬送人員は3万1029人(同1961人増)で共に20年より増えた。火災件数は131件で、前年から21件減少した。

 救急出場の理由は「急病」(2万3628件)が最も多く、全体の65・9%を占め、「一般負傷」(4897件)、「転院搬送」(2704件)「交通事故」(2437件)と続く。「交通事故」と「運動競技」(179件)はそれぞれ16・3%、25・2%前年比増で、増加度合がやや目立つ。搬送人員は65歳以上の「高齢者」が1万7457人(前年比735人増)と一番多く、全体の56・3%(同1・2ポイント減)を占めた。

 出場件数と搬送人員はここ数年右肩上がりで増えており、19年にそれぞれ過去最多となる3万7509件、3万3170人を記録したものの20年は3万3261件、2万9068人と減少した。その理由を市救急課は「一昨年は緊急事態宣言が発令され外出自粛や医療機関の受診控えで交通事故が減ったことなどが一因では」と話す。一方「昨年はまん延防止等重点措置は実施されたが、ある程度日常生活に戻ったことで件数と人員が増えたと考えられる。今後また増加していくのでは」と注意を払う。同課では「コロナ下で在宅時間が多いと思うが、家の中での転倒などを避けるため、この機会に安全点検をしていただき、けがをしない環境づくりにご協力を」と呼びかける。

 火災は131件、死者4人(前年比2人増)、負傷者は19人(同16人減)だった。市予防課によれば火災は1960年の統計開始以来2番目に少ない件数。火災種別では建物71件(17件減)、林野0件(5件減)、車両13件(1件増)、その他47件(増減なし)。出火原因は「放火(疑い含む)」が最多の29件で、「たばこ」12件、「こんろ」8件と続く。同課は「(放火を防ぐため)家の周りに燃えやすい物を置かない、ごみは所定の収集日にきちんと出すなど要因を減らす努力を」と呼びかけている。

相模原市から大切なおしらせ

市民税非課税世帯等に臨時特別給付金を支給しています

https://www.city.sagamihara.kanagawa.jp/kurashi/fukushi/1024533.html

<PR>

さがみはら緑区版のローカルニュース最新6

代表理事に吉野氏

代表理事に吉野氏 社会

相模原市観光協会

6月30日号

ETC専用の料金所に

相模原IC

ETC専用の料金所に 社会

今日6月30日から

6月30日号

余剰品をフードバンクに提供

余剰品をフードバンクに提供 社会

「地元の強み」生かす 共生食品株式会社

6月30日号

銀行員が詐欺を阻止

銀行員が詐欺を阻止 社会

津久井警察署から感謝状

6月30日号

ハマスタめざし初戦必勝

緑球児の横顔【2】

ハマスタめざし初戦必勝 スポーツ

県立津久井・橋本高校

6月30日号

高校生に選挙の授業

津久井JC

高校生に選挙の授業 社会

「投票しなければ変わらない」

6月30日号

あっとほーむデスク

  • 8月19日0:00更新 文化

  • 1月11日0:00更新

  • 9月21日0:00更新

さがみはら緑区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2022年6月30日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook