さがみはら緑区版 掲載号:2022年5月12日号 エリアトップへ

人材を支える現場 看護師の復職、育成を支援 関係団体や専門学校の取組み

社会

掲載号:2022年5月12日号

  • LINE
  • hatena
「地域に必要とされる看護師を育てていきたい」と話す相模原看護専門学校の水澤校長
「地域に必要とされる看護師を育てていきたい」と話す相模原看護専門学校の水澤校長

 団塊の世代が75歳を超え、国民の4人に1人が後期高齢者となる「2025年問題」が間近に迫っている。入院患者の増加、病床数の減少などと共に問題視される看護職員不足。県や市は医療関係団体などと協力し人員確保に注力する。

潜在看護師に向け

 市病院協会では結婚や出産を機に退職した看護師の復職支援のため、市や市医師会、県看護協会らと協力し、就職相談会や技術研修会を開催。今までに約300人が参加し、約90人が復職した。市病院協会看護部長会の小林一裕会長は「各病院では恒常的に看護師が不足しており、看護師の確保は大きな課題」とし、引き続き定着促進や復職支援を行っていく。

全員が合格

 市内唯一の看護学科がある専門学校、相模原看護専門学校(南区)では、今年の卒業生全員が国家試験に合格した。「国家試験合格のための対策に力を入れてきた」と話すのは同校の水澤晴代校長。1年時から成績の振るわない生徒には特別授業の時間を設け、コロナ禍でもオンラインでなく、学校での授業が行えるよう努めた。「土曜に学校を開放してほしいと言う生徒もいました。生徒たちの頑張りで合格率100%に達したと思います」と水澤校長。

 同校は昨年、働く人のキャリアアップを支援する国の教育訓練指定講座となり、今年の入学者には給付制度を利用して入学した生徒もいる。水澤校長は「社会人入学は少子化対策ともいえる」と話す。養成、定着、再就業を柱にする同校は、市の復職支援事業への協力のほか、全国的に新卒の離職率が1割近い現状を考慮し、卒業生のための悩み相談日「カミングデー」を設けサポート体制を敷く。また、地域への理解を高めるため、市民健康まつりなどの行事にも積極的に参加する。水澤校長は「厳しい時代ですが、今後も地域貢献をしながら地域に必要とされる看護師を育てていきたい」と述べた。

相模原市から大切なおしらせ

市民税非課税世帯等に臨時特別給付金を支給しています

https://www.city.sagamihara.kanagawa.jp/kurashi/fukushi/1024533.html

<PR>

さがみはら緑区版のローカルニュース最新6

代表理事に吉野氏

代表理事に吉野氏 社会

相模原市観光協会

6月30日号

ETC専用の料金所に

相模原IC

ETC専用の料金所に 社会

今日6月30日から

6月30日号

余剰品をフードバンクに提供

余剰品をフードバンクに提供 社会

「地元の強み」生かす 共生食品株式会社

6月30日号

銀行員が詐欺を阻止

銀行員が詐欺を阻止 社会

津久井警察署から感謝状

6月30日号

ハマスタめざし初戦必勝

緑球児の横顔【2】

ハマスタめざし初戦必勝 スポーツ

県立津久井・橋本高校

6月30日号

高校生に選挙の授業

津久井JC

高校生に選挙の授業 社会

「投票しなければ変わらない」

6月30日号

あっとほーむデスク

  • 8月19日0:00更新 文化

  • 1月11日0:00更新

  • 9月21日0:00更新

さがみはら緑区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2022年6月30日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook