さがみはら緑区版 掲載号:2022年6月16日号 エリアトップへ

宮ケ瀬・鳥居原メダカフェスの中心メンバーとしてイベントを開催する 鈴木 文秀さん 長竹在住 52歳

掲載号:2022年6月16日号

  • LINE
  • hatena

趣味のめだかで夢の実現へ

 ○…相模原のメダカ販売者や愛好家が集まり、メダカの魅力を広めるイベント「宮ケ瀬・鳥居原メダカフェス」。その中心メンバーとして地元開催の準備を進める。「見たことがない珍しいもの、高級なものなど、たくさんの種類のメダカが集まる。『飼ってみたい』というきっかけにしてもらえたら」と多くの来場に期待する。

 ○…「改良しやすい。自分の思い通りにいくと楽しいですね」とメダカの魅力を話す。小さい頃から魚が好きで、当時から熱帯魚を飼っていた。趣味でメダカを飼い始めて20年ほど。最初はヒメダカを飼い、マイペースに育てていたが、数年前のメダカブームで一気に火が付いた。「ブームと共により楽しくなって、知人に教えてもらいながら独学で育て方を勉強した」と、今ではメダカにぞっこんだ。

 ○…串川小、串川中の出身。釣りも好きで「津久井湖でブラックバスもよく釣った」と笑う。自宅ではカメも育てている。「子孫を増やしていくのが楽しくて」とメダカとは違った魅力を感じている。「ゆくゆくは会社勤めを辞めて、メダカ一本でやっていきたいと思っている」。小学校の卒業文集の将来の夢は「熱帯魚屋の店員」。小さい頃の夢が、手の届くところまで来ている。

 ○…現在は自宅で約110種、1万匹のメダカを育てている。気を付けているのは寒暖差で、「急に暑くなったり、寒くなったりすると病気になる。対策するけど思い通りにいかなくて」と頭を悩ませる。「だからこそ思った通りにいった時にやりがいを感じる」と声が弾む。昨年は日本メダカ協会が主催する、美しさを競う展示会で3位を受賞した。「いつかは優勝したいですね」。まだまだ、メダカへの情熱は燃え上がるばかりだ。

相模原市から大切なおしらせ

市民税非課税世帯等に臨時特別給付金を支給しています

https://www.city.sagamihara.kanagawa.jp/kurashi/fukushi/1024533.html

<PR>

さがみはら緑区版の人物風土記最新6

吉野 賢治さん

5月24日付で公益社団法人相模原市観光協会の代表理事に就任した

吉野 賢治さん

中野在住 78歳

6月30日号

青木 齊(ひとし)さん

千木良小学校で35年に渡り農業指導を行っている

青木 齊(ひとし)さん

千木良在住 74歳

6月23日号

鈴木 文秀さん

宮ケ瀬・鳥居原メダカフェスの中心メンバーとしてイベントを開催する

鈴木 文秀さん

長竹在住 52歳

6月16日号

高橋 靖典さん

本格稼働した森のイノベーションラボFUJINO(森ラボ)を運営する企業連合の代表を務める

高橋 靖典さん

牧野在住 48歳

6月9日号

榎本 成己さん

「子どもと大人のサイエンス」の編集代表を務めた

榎本 成己さん

中沢在住 74歳

6月2日号

北川 智子さん

国立研究開発法人宇宙航空研究開発機構(JAXA)の宇宙教育センター長に4月1日付で就任した

北川 智子さん

中央区淵野辺在住 42歳

5月26日号

あっとほーむデスク

  • 8月19日0:00更新 文化

  • 1月11日0:00更新

  • 9月21日0:00更新

さがみはら緑区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2022年6月30日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook