神奈川県全域・東京多摩地域の地域情報紙

  • search
  • LINE
  • MailBan
  • X
  • Facebook
  • RSS

相模原市 若年がん患者に助成金 在宅療養 経済的負担減へ

社会

公開:2024年6月6日

  • X
  • LINE
  • hatena
市が作成した制度を紹介するチラシ
市が作成した制度を紹介するチラシ

 相模原市は、在宅で療養生活を送る40歳未満のがん患者を対象に、在宅介護サービスにかかる利用料などを一部助成する「若年がん患者在宅療養支援事業」を6月3日からスタートした。自宅で安心して療養生活を送れるよう経済的負担を減らすのが狙い。

 40歳以上で在宅で療養生活を送るがん患者は介護保険制度の対象だが、40歳未満は対象外となっている。横浜市や川崎市などではすでに同様の事業を実施しており、在宅療養の費用について経済的な支援をするため、相模原市でも独自の助成金について検討してきた。

 市健康増進課によると、市内では40歳未満のがん患者が年間で20人弱亡くなっている。在宅療養の環境が整えば「自宅で最期を迎えたかった」という要望が以前からあったこと、2022年から神奈川県が市町村に事業費の一部補助を始めたことを受けて、このタイミングでの事業スタートとなった。

 対象となるのは、相模原市に住民登録のある40歳未満のがん患者(医師から一般に認められている医学的知見に基づき回復の見込みがない状態に至ったと判断された人)で在宅介護サービスが必要である人。さらに、障害福祉サービス、介護保険サービス、小児慢性特定疾病医療給付制度などの同様のサービスの利用を受けられない人。

 助成の対象となるサービスは訪問介護、訪問入浴介護、福祉用具の貸与・購入で、介護保険法で利用できるものに準じる。助成額はサービス利用料の9割相当で最大で5万4000円/月。上限額を上回る額のサービス利用料などは全額自己負担となる。また、申請に必要な意見書作成料(上限額5000円)も対象となる。

 助成の流れは、市へ利用申請し、審査完了後に利用決定通知書が発行される。サービスの利用後に一旦請求額の全額を支払い、報告書や領収書、請求書などの書類を提出し、審査完了後に指定された口座に助成金が入金される。

 同課の担当者は「相模原市でも支援事業が始まったので、制度を知ってもらい、万が一の際は利用していただければ」と話している。

さがみはら緑区版のトップニュース最新6

B級品をジュースに

ナカヤマファーム

B級品をジュースに

就農7年目、6次化に着手

7月11日

美化活動で環境大臣表彰

橋本本町ときわ会

美化活動で環境大臣表彰

地域の意識向上に寄与

7月11日

地域安全で協定

JCOM市自治連

地域安全で協定

防犯カメラ設置に後押し

7月4日

今年末で廃止、集約へ

橋本パスポートセンター

今年末で廃止、集約へ

行財政構造改革の一環で

7月4日

認知症支援拠点を開設

相模原市

認知症支援拠点を開設

コーディネーターを配置

6月27日

高校生が意見出し合う

緑区区民会議

高校生が意見出し合う

「若者の意見を」と初開催

6月27日

7月は「社会を明るくする運動」強調月間です

7月13日 SC相模原のホームゲームで啓発活動を実施(問)相模原市生活福祉課042-851-3170

https://www.city.sagamihara.kanagawa.jp/

相模原で30年。

あなたの心を満たす明るい未来をイメージしながら 暮らしの中の「あったらいい」をカタチにしています

https://www.thirty-four.co.jp/

<PR>

あっとほーむデスク

  • 8月19日0:00更新 文化

  • 1月11日0:00更新

  • 9月21日0:00更新

さがみはら緑区版のあっとほーむデスク一覧へ

バックナンバー最新号:2024年7月13日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook