町田版 掲載号:2011年3月17日号
  • googleplus
  • LINE

大地震後「雨風しのげます」 705CAFE ツイッターで呼びかけ

705CAFEのみなさんと用意した毛布(12日午前1時15分ごろ)
705CAFEのみなさんと用意した毛布(12日午前1時15分ごろ)

 災害に直面したとき、情報をどのように得るかが大事な問題となる。一つの情報に心強く思う人も多いだろう。町田でも今回の大地震の際、こんな情報を得て、安心した人がいる。

 市内森野にある705CAFEは大地震後の18時ごろ、「オールナイトで営業しています。トイレとコンセント完備。雨風しのげます。キャパシティに限りがありますが、町田で往生していらっしゃる方がいらっしゃったら是非」とSNS(ソーシャルネットワーキングサービス)の一つ、ツイッターでつぶやいた。この情報は、町田市の一時待機所の情報とともに広く伝わった。

 いつもは閉店となる23時ごろには合席になるほど店内は人であふれ、新たな来店者は「暖かくてやっと座れる」と言って喜んでいた。「地震のあと急いで毛布を準備しました。みんなが喜んでくれてよかったです」と同CAFE。小田急線が再開した0時過ぎには、多くの人が帰路に着いたが「動かなければ、朝までやるつもりでした。終わったら、何か疲れましたね」と笑っていた。

新しい情報伝達の方法は、誰もが簡易に発信でき、受信も簡易。ただ情報を得られる人と得られない人がいるのが問題。マスメディア情報と住み分けし必要性を考えてみるべきだ。被災者はこんな情報も得ている(右参照)。

twitter_0317.jpg

町田版のトップニュース最新6件

町田版の関連リンク

あっとほーむデスク

町田版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

回重ね充実、総合美術展

回重ね充実、総合美術展

町田稲門会『エスペレ展』

4月25日~4月28日

町田版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

町田版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2018年4月26日号

お問い合わせ

外部リンク