町田版 掲載号:2011年3月17日号
  • googleplus
  • LINE

取材2時間半後、再び大地震遭遇 被災犬ブルー 「それでも大丈夫」

地震発生約2時間半前のブルー(3月11日12時12分撮影)。 翌日も同じように気持ちよく日向ぼっこしている姿があった。
地震発生約2時間半前のブルー(3月11日12時12分撮影)。 翌日も同じように気持ちよく日向ぼっこしている姿があった。

 “ニュージーランド地震の被災者に向けてエールを送る”という旨で、本紙記者が阪神淡路大震災の被災犬ブルー(メス・雑種)の取材を11日お昼ごろ、飼い主である成瀬台の藤森幹二さん宅で行った。そのわずか2時間半後、ブルーは再び大地震に遭遇。

 今年で20歳を迎える老犬のブルーにとって2度目の経験は体力・精神力共に辛いところだが、奥さんの千代子さんは「特に吼えることもなく、地震発生後もきちんと食事をしていて普段と何も変らない。トラウマも全く感じられず、逆に私たちより慣れているみたいでパワーを貰った」と話した。

 翌日、再び本紙記者が藤森さん宅に訪れると、元気なブルーの姿が。千代子さんは「“私は大丈夫、みんなも一歩ずつ頑張ろう”と言っているみたいですね」。

町田版のローカルニュース最新6件

町田版の関連リンク

あっとほーむデスク

町田版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

回重ね充実、総合美術展

回重ね充実、総合美術展

町田稲門会『エスペレ展』

4月25日~4月28日

町田版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

町田版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2018年4月26日号

お問い合わせ

外部リンク