町田版 掲載号:2011年3月24日号
  • googleplus
  • LINE

東日本大震災 『今、私達ができること』

 毛布、靴、新品衣料品−。「現地へ送りたいけどどうしたら良いですか?」。町田市社会福祉協議会には震災直後から問合せが殺到した。町田駅前には義援金を呼びかける人々が立ち、街中の店は電気を抑えた営業で節電に努めている。震災から2週間経った今、市内では大きな支援の輪が広がり続けている。

義援金活動・節電 市内で広がる支援の輪

 震災直後から市民からの問合せの多かった救援物資は、17日より東京都が窓口となり受付を開始。「赤ちゃん用品」、「高齢者用品」、「生活用品」、「飲料水」と大きく4つに分けた品目に配送手段を設けて受付を行っている。詳しい品目内容、配送先は東京都のホームペーでご確認を※【問】【電話】03・5320・4585救援物資受付コールセンターまで。

 また、町田ボランティアセンターにも“現地へ行ってボランティアを行いたい”との問合せが多数届いた。しかし、未だ現地の受け入れ態勢が整っておらず、個人レベルでの活動は難しい現状だという。ボランティアセンター職員は、「受入体勢は序々に整っていくはず。情報が入り次第こちらからも発信していきますので、そのお気持ちをぜひ継続して持って頂ければ」と話してくれた。

 また19日には、FC町田ゼルビアが「ALL POWER FOOTBALL」と題した復興支援活動をぽっぽ町田で開催。選手が募金の呼びかけや私物のチャリティオークションなどを行い、サポーター以外にも老若男女たくさんの人で賑わった。※販売によって得た収益は(社)町田青年会議所を通して中央協同募金会へ送られる。

「なんとか故郷に届けば」

県人会連合会
力合わせ義援金募る

 町田市県人会連合会(宮城・岩手・山形・新潟・長野・千葉・鹿児島)が20日、町田駅周辺をグループに分かれ義援金を募った。

 宮城県人会の門馬善吉会長は「故郷を思う気持ちは皆同じで強い。なんとかこの想いが届けば」と話す。また岩手県人会の浅沼延子副会長は「姪の家族とは未だ連絡がつかず、1歳未満の子もいる」。親族の無事を祈りながら呼びかけた。

 「福島原発の情報も大切だが、他の被災地の情報も入手できれば」「“地震確率○%”は被災地の方々にとってさらに恐怖を煽ると思う」「頼みの災害ダイヤルはいつも混み合っている」など会員たちの中で様ざまな意見が出ていたが、被災者を助けたい想いは一緒。「できることをやるだけ」と門馬会長は話した。

 義援金は日本赤十字社を通じて被災地に届けられる。

市も物資送り
施設受け入れ

 町田市は、都市長会を通じてレトルト食品2万食や飲料水8千本(2ℓ)、毛布、仮設トイレなどの物資を被災地に送った。また被災者の緊急受け入れを大地沢青少年センター(3/24~)や町田市自然休暇村(4/1~)で行う。両施設ともに4月27日までの予定。

2mentopp_0324.jpg

「我々が元気に頑張らなければ」。大声で呼びかける姿が見られた(20日11時ごろ撮影)

町田版のトップニュース最新6件

日本人トップでゴール

初マラソン関根花観選手

日本人トップでゴール

3月15日号

10年後の満開夢見て

小山馬場谷戸公園

10年後の満開夢見て

3月15日号

元J1下し開幕2連勝

FC町田ゼルビア

元J1下し開幕2連勝

3月8日号

災害時の飲料確保に

町田市

災害時の飲料確保に

3月8日号

団地舞台にアートで遊ぶ

町田木曽団地

団地舞台にアートで遊ぶ

3月1日号

石阪市政を支持 4期目へ

市長・市議選

石阪市政を支持 4期目へ

3月1日号

町田版の関連リンク

あっとほーむデスク

町田版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

春季囲碁大会

春季囲碁大会

3月25日(日)正午スタート(11時半受付)

3月25日

町田版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

町田版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2018年3月15日号

お問い合わせ

外部リンク