町田版 掲載号:2011年7月14日号
  • googleplus
  • LINE

タウンレポート 幼児も被災地想う 市内在住 小金澤啓斗くんを取材

社会

 東日本大震災から4か月が経過し、多くの人が「自分に何ができるか」と自問自答し、気持ちや行動に変化がみられた。小さな子どももまた、自らの視点で考え被災地の復興を願っている。市内在住の小金澤啓斗くん(5歳)もその一人だ。

 彼と初めて出会ったのは今月1日。きそ幼稚園(櫻井恵美子園長)の七夕の飾りつけを取材したときのこと。「だいくさんになりたいな」と願いを込めた短冊を持ちながら「壊れた家を直す」と話してくれたのが忘れられず9日、母の晴美さんと一緒に再び彼に取材を行なった。

 「福島や宮城、岩手に建てたい」。以前から粘土やブロックで家を作るのが好きだったが、現在は被災地を想い大工さんの真似をする。

 「子どもが実際に支援をするのは難しいが、助けたいと思う気持ちを自ら言葉や行動に移そうとする姿には驚いた」と母の晴美さん。また「地震速報を聞くと『宮城?福島?』と心配する。たとえ場所が分からなくてもその気持ちを忘れないで欲しい」と話す。

 被災された方々を支援するのはもちろん、我々は未来ある子どもたちをしっかりと守ることが「復興」に繋がるのではないだろうか。

震災後に変わったと思うこと

 6月23日号タウンニュース町田版で募集した「震災後のあなたの変化」で寄せられたハガキの一部を紹介。

 「いざという時の団結は日常が大切と思うようになった(50代主婦)」「人との繋がりを大切にしようと思った。近所の子も預かり過ごした3・11は忘れられない(40代主婦)」「お風呂につかれる幸せを感じるようになった(40代女性)」「全ての事を当たり前に過ごしていた自分を反省し、感謝するようになった(50代主婦)」「節電を徹底し、その反面、旅行や習い事などやりたい事は我慢せず今をもっと楽しむ(40代女性)」
 

町田版のトップニュース最新6件

日本人トップでゴール

初マラソン関根花観選手

日本人トップでゴール

3月15日号

10年後の満開夢見て

小山馬場谷戸公園

10年後の満開夢見て

3月15日号

元J1下し開幕2連勝

FC町田ゼルビア

元J1下し開幕2連勝

3月8日号

災害時の飲料確保に

町田市

災害時の飲料確保に

3月8日号

団地舞台にアートで遊ぶ

町田木曽団地

団地舞台にアートで遊ぶ

3月1日号

石阪市政を支持 4期目へ

市長・市議選

石阪市政を支持 4期目へ

3月1日号

町田版の関連リンク

あっとほーむデスク

町田版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

春季囲碁大会

春季囲碁大会

3月25日(日)正午スタート(11時半受付)

3月25日

町田版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

町田版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2018年3月15日号

お問い合わせ

外部リンク