町田版 掲載号:2011年7月21日号
  • googleplus
  • LINE

「世界に投げ勝つ」 「町田ボーイズ」山口達也投手(15)が日本代表に初選出

スポーツ

昨年完成した新たな練習グラウンドで、チームメイトと切磋琢磨できる環境が彼を育てたという(7月16日 町田ボーイズ専用グラウンドで取材・写真撮影)
昨年完成した新たな練習グラウンドで、チームメイトと切磋琢磨できる環境が彼を育てたという(7月16日 町田ボーイズ専用グラウンドで取材・写真撮影)

 硬式少年野球チーム「町田ボーイズ(武藤和宏代表)」所属の山口達也投手(相模原市立中野中学校3年)が「第30回2011世界少年野球大会」の日本代表メンバーに初選出された。同大会は8月8日から福岡県で開催。

 山口投手は4月29日に行なわれた「第14回関東ボーイズリーグ大会」の2回戦で、城南ドリームボーイズ相手にノーヒットノーランを達成。一躍注目を浴び、東京都からただ一人日本代表に選出。また、チーム創立6年目で初の日本代表選手となった。「あの試合(城南戦)で自信がついた」と山口投手は振り返る。

 高橋政雄監督は「彼の良さは野球に対して真面目であること。毎日5キロ以上走りこみ、足腰の強さは抜群」と話す。また「小学生の頃(相模原・中央イーグルス)から目を見張るボールだった」と当時を語る。

 決め球はスライダー。身長168センチと決して大きな体格ではないが中学生離れした変化球のキレが大きな武器。「世界を相手にどれだけ自分の球が通用するか楽しみ」と山口投手。

 目標はチームを1つでも多く勝たせるピッチャーになること。「プロまで考えていない。先々よりもまず目の前の試合」という。

 初戦は中国。先発候補の一人として背番号「10」をつけ、地元開催で世界一を獲得するため力を尽くす。
 

町田版のトップニュース最新6件

町田版の関連リンク

あっとほーむデスク

町田版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

春季囲碁大会

春季囲碁大会

3月25日(日)正午スタート(11時半受付)

3月25日

町田版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

町田版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2018年3月15日号

お問い合わせ

外部リンク