町田版 掲載号:2011年8月25日号
  • googleplus
  • LINE

町田第五小 体育館を快適空間に 災害時を想定したお泊まり体験 東海大学建築学科が協力

教育

”木”の合間でくつろぐ子どもたち
”木”の合間でくつろぐ子どもたち

 町田第五小学校(宮島 徹校長)で20日、災害時の対処法などを体験してもらおうと、「避難所体験〜体育館に泊まるってどんな感じ?〜」が開催された。当日は児童ら22人に加え、身近な材料で避難所を設営すべく東海大学建築学科の講師、学生やスタッフら総勢30人ほどが体育館に泊まった。

 当日は同小学校の体育館が避難所となることを想定し、児童らが一晩過ごす体験を行なった。その際、避難所となる体育館で一人ひとりが居場所を作りやすく過ごしやすい場所となるようにと、東海大学非常勤講師で市内に建築設計事務所を構える富永哲史さん(玉川学園在住)と同大学生が設営を担当。「ダンボールの森」と題したテーマに沿って、ダンボールを高さ4メートルほどに組み合わせ木に見立てた。「体育館はパーソナルスペースが作りにくい場所。子どもたちが森の中にいる感覚で過ごせるよう工夫しました」と富永さん。

 また使用した素材をダンボールにしたのも、災害時を想定してのこと。「ダンボールは比較的用意しやすく、身近なもの。今回も実際地域のスーパー等に協力頂き用意しました」と話していた。
 

こんな町田を実現させたい!

町田生れ町田育ちの38歳。河辺康太郎

https://kawabe-kotaro.jp

<PR>

町田版のトップニュース最新6件

教育の情報化を推進

町田市

教育の情報化を推進

2月15日号

乗合タクシー運行

相原地域

乗合タクシー運行

2月15日号

「厳しさと優しさ」の親方に

北太樹引退

「厳しさと優しさ」の親方に

2月8日号

大賞は最年少18歳の高専生

ビジネスプランコンテスト

大賞は最年少18歳の高専生

2月8日号

ごみについて考えよう

3R推進イベント

ごみについて考えよう

2月1日号

火災件数100下回る

町田消防署

火災件数100下回る

2月1日号

町田版の関連リンク

あっとほーむデスク

町田版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

町田版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2018年2月15日号

お問い合わせ

外部リンク