町田版 掲載号:2011年11月17日号
  • googleplus
  • LINE

第43回日展(2011)で特選を受賞した 中村 三喜雄さん 図師町在住 64歳

次の作品へ日々邁進

 ○…黄金に輝く何とも言えない色合いや叩いたときに見せる素材の緊張感-。銅を7、亜鉛を3の割合で混ぜ合わせた「真ちゅう」に魅せられて30年以上、このたび「日展」で特選を受賞した。作品「想生(=そうせい)」は、植物の種や実が、成長していくエネルギーを表現。発表前日に受賞者への連絡を受けた際は、思いがけないサプライズに夫婦で喜びを分かち合った。

 ○…小さい頃から絵を描くことが好きな少年だった。中学・高校と絵の教室にも通い、本格的に美術を習える大学へ。2人の恩師との出会いからオブジェ制作の魅力や、真ちゅうの素晴らしさを教わり、以後30年に続く美術教師生活の中でも出展作品制作を続けた。学生とは学校で使うベンチや窓の飾りなどを共に制作、身近なものを”作る”楽しさを伝えてきた。5年ほど前に退職した後も、出展作品制作を続けてきた。

 ○…楽しいですか?とよく聞かれるが、制作過程は「とにかく苦しい」。期限や材料が限られている中で、思うように出来ない、体力もキツイと難所を迎える。葛藤や理想とのギャップを抱えながらも、その都度最高のものをと完成へ進む。出来たときの喜びはひとしおで、「では次はどうしようか」とその繰り返しだ。「受賞したものも、今回が特別という訳ではなくたまたま評価されただけ。受賞はもちろん嬉しいですが、それが終わりでなく、次の作品へのステップですね」

 ○…大学時代に出会った奥さんは、クラフトジュエリー作家。自宅にはそれぞれの作業場を持ち互いに制作に励み、先日は夫婦揃って地元成瀬で工房展も開催した。「仕事後や休みも作品制作に時間を費やしていた私を支えてくれた、良き理解者です」。春・秋の出展に加え、来年7月には可喜庵で個展も開催する準備に忙しい。「私なんてこの世界ではまだまだヒヨッコ。体力・気力が続く限り、制作し続けたい」
 

町田版の人物風土記最新6件

湯村 泰子さん

本紙で4コマ漫画「まち子におまかせ!」をスタートする元少女漫画家の

湯村 泰子さん

3月15日号

本田 亮さん

団地を舞台に行うイベントのアートワークを担当するイラストレーターの

本田 亮さん

3月8日号

石川 修司さん

2017年度プロレス大賞の最優秀タッグチーム賞を受賞した

石川 修司さん

3月1日号

佐藤 友義さん

造園業(株)ニワバンの創業者で、いずみ浄苑にローズガーデンを創った

佐藤 友義さん

2月15日号

杉山 大季さん

町田市で初開催のビジネスプランコンテストで大賞を受賞した

杉山 大季さん

2月8日号

酒井 美登さん

子どものころに聞いた懐かしい音を再現させているピアノ調律師の

酒井 美登さん

2月1日号

町田版の関連リンク

あっとほーむデスク

町田版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

春季囲碁大会

春季囲碁大会

3月25日(日)正午スタート(11時半受付)

3月25日

町田版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

町田版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2018年3月15日号

お問い合わせ

外部リンク