町田版 掲載号:2012年1月12日号
  • googleplus
  • LINE

町田出身高校1年 都大路を快走 全国高校駅伝 関根花観選手は区間4位、中山将選手も好タイム

スポーツ

 全国都道府県予選を勝ち抜いた47校が京都・都大路をタスキでつなぐ全国高等学校駅伝競走大会が2011年12月25日、京都市西京極総合運動場周辺で行われた。町田市出身の関根花観選手(仙台育英)、中山将選手(東京実業)が出場し、好タイムを残した。

 駅伝を目指す高校生にとって憧れの舞台・都大路。この全国大会の経験を糧に卒業後、箱根駅伝やマラソンなどで多くの選手が活躍している。

 女子は21・0975Km(5区)、男子は42・195Km(7区)で競い、仙台育英高校1年の関根花観選手は2区(4・0975Km)で出場。17位でタスキを受け取るものの、序盤から快走を見せ、9人をごぼう抜きし8位でタスキをつないだ。区間も4位の成績(13分08秒)で、関根選手は「走る前は全国大会で緊張したけど、いいタイムで走れてホッとしている」と笑顔で話していた。

 関根選手は町田市立金井中学校卒で、昨年4月から宮城県仙台市の仙台育英高校に進学した。寮生活など環境も変わり、ケガや体調不良で満足に走れないときもあったが、一年を振り返り「色々なこともあったけど、全国大会に出場できていい年になりました。来年はもっと上を目指したい」と抱負を語った。

 男子2区(3Km)に出場した中山将選手は、町田市立南成瀬中学校卒。高校一年生で今回初出場。中山選手もケガで満足に走れない日が続いたが、11月に行われた都予選や関東大会で好成績を残し、一年生ながら全国大会に抜擢された。

 「レース前はとても緊張したが、顧問の先生や周りの方々のサポートがあり、体調も万全で臨むことが出来た。2区というスピード勝負の区間であったが、持っている実力を存分に発揮でき最後まで楽しめた。全国の舞台は自分にとってとても良い経験になったので、これを次に繋げたい。新年から新体制になったので、チームを引っ張る立場としても成長していきたい」と中山選手。2区の成績は8分43秒。

 仙台育成は関根選手の活躍もあり、全国3位。東京実業は30位。
 

こんな町田を実現させたい!

町田生れ町田育ちの38歳。河辺康太郎

https://kawabe-kotaro.jp

<PR>

町田版のトップニュース最新6件

教育の情報化を推進

町田市

教育の情報化を推進

2月15日号

乗合タクシー運行

相原地域

乗合タクシー運行

2月15日号

「厳しさと優しさ」の親方に

北太樹引退

「厳しさと優しさ」の親方に

2月8日号

大賞は最年少18歳の高専生

ビジネスプランコンテスト

大賞は最年少18歳の高専生

2月8日号

ごみについて考えよう

3R推進イベント

ごみについて考えよう

2月1日号

火災件数100下回る

町田消防署

火災件数100下回る

2月1日号

町田版の関連リンク

あっとほーむデスク

町田版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

町田版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2018年2月15日号

お問い合わせ

外部リンク