町田版 掲載号:2012年2月9日号
  • googleplus
  • LINE

市立小学校 インフルエンザ猛威 町田保健所「1月末から急増」 予防呼びかけ

社会

給食前、歌に合わせて手を洗う子どもたち(3日取材・写真撮影)
給食前、歌に合わせて手を洗う子どもたち(3日取材・写真撮影)

 町田市立小学校全42校771学級のうち、1月18日〜2月6日の間に24校67学級でインフルエンザ疾病による学級閉鎖が行われた(町田市学校教育部保健給食課調べ)。

学級閉鎖が続出 対策強化

 急増する児童のインフルエンザ感染を防ぐため、各小学校で様ざまな対策強化が行われている。

 町田市立忠生小学校(高柳寛和校長)では養護教諭を中心に工夫した予防対策を実施。「窓あけ調べ週間」を設け温湿度をチェックしながら休み時間に教室の換気を徹底して行う。給食前には手洗いの歌を全校放送し、全学年で手洗いうがいを実施。ハンカチチェックも各クラスで行い、持参率の高いクラスを表彰。児童のやる気を促している。

 「児童のインフルエンザ感染は、毎年冬休みを終えて学校が始まると増加します」と同校養護教諭。子ども同士の交流の場が増え、1人感染すると仲の良い友人や近くの席の児童にうつってしまうという。

 「最も大切なのは休養。子どもたちは休日も元気にサッカークラブやピアノ教室などに通いますが、親御さんは無理をさせないように気を配って欲しいです」

市も警報レベル

 東京都は2日、2012年第4週の都内定点医療機関からの患者報告数が1医療機関あたり32・2人となりインフルエンザ流行警報を発令した。町田市でも市内1医療機関あたり第3週で14・3人、第4週で35・3人と急増。「1月末から激しい勢いで患者数が増加しています。感染拡大の予防に努めて下さい」と町田保健所保健対策課。インフルエンザの問合せは【電話】042・722・7636同課
 

こんな町田を実現させたい!

町田生れ町田育ちの38歳。河辺康太郎

https://kawabe-kotaro.jp

<PR>

町田版のトップニュース最新6件

教育の情報化を推進

町田市

教育の情報化を推進

2月15日号

乗合タクシー運行

相原地域

乗合タクシー運行

2月15日号

「厳しさと優しさ」の親方に

北太樹引退

「厳しさと優しさ」の親方に

2月8日号

大賞は最年少18歳の高専生

ビジネスプランコンテスト

大賞は最年少18歳の高専生

2月8日号

ごみについて考えよう

3R推進イベント

ごみについて考えよう

2月1日号

火災件数100下回る

町田消防署

火災件数100下回る

2月1日号

町田版の関連リンク

あっとほーむデスク

町田版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

町田版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2018年2月15日号

お問い合わせ

外部リンク