町田版 掲載号:2012年2月16日号
  • googleplus
  • LINE

外面関連記事 「アイロンを贈りたい」 デザイン専門学校 呼びかけ

社会

 岩手県陸前高田市の仮設住宅、暮らしている人たちが一針一針丁寧に縫っていく――

 町田ソロプチミスト―さつき(齋藤美智子会長)が「刺し子」の支援を始めたのは、昨年9月。現地に赴き、仮設住宅の人たちと直接交流を交わし、支援がスタートした。今では仮設住宅で10人以上が刺し子を縫っている。

 同ソロプチミストから生地や刺繍糸など材料が提供され、縫い終わった「刺し子」を買い取り、それを様ざまなイベントなどで販売する。収益はまた材料代などとなってまた支援となる。

 この支援に協力しているのは、同市の戸羽太市長の同級生らが結成した「町田鶴の羽の会」や、町田デザイン専門学校。同校では、あす17日(金)から開催する「産学ネットワーク展」で復興支援豚汁の販売や募金を呼びかけて、その収益金から刺し子で使用するアイロンを贈る計画をしている。「何台贈れるか分からないが、できるだけ呼びかけていきたい」と同校。

 「仮設にいてもすることがなく、ずっとぼんやりしていた。刺し子を始めてから、デザインを考えたり、縫い方を工夫したり家にいる時間が楽しくなった。アイロンがあれば最後の仕上げができるので、本当にありがたいです」と刺し子を縫う砂田きよ子さん。
 

こんな町田を実現させたい!

町田生れ町田育ちの38歳。河辺康太郎

https://kawabe-kotaro.jp

<PR>

町田版のローカルニュース最新6件

今、求められる学力とは

参加費無料

今、求められる学力とは

2月15日号

2歳児預かり始まる

幼稚園

2歳児預かり始まる

2月15日号

共同アンケート実施

町田市長選

共同アンケート実施

2月15日号

首都圏バトル5

FC町田ゼルビア

首都圏バトル5

2月15日号

地元で楽しむバレンタイン

出身校で凱旋公演

町田版の関連リンク

あっとほーむデスク

町田版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

町田版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2018年2月15日号

お問い合わせ

外部リンク