町田版 掲載号:2012年2月23日号
  • googleplus
  • LINE

図書館 町田・川崎相互利用へ 4月からサービススタート

教育

握手する石阪丈一町田市長(左)と阿部孝夫川崎市長=川崎市麻生区役所・1月30日
握手する石阪丈一町田市長(左)と阿部孝夫川崎市長=川崎市麻生区役所・1月30日

 町田市はこのほど、隣接する川崎市と図書館の相互利用協定を締結した。これにより両市民は相互に図書館で図書や雑誌、視聴覚資料の貸し出しサービスを受けられるようになる。利用開始は4月1日。

 この協定は、今年10月に鶴川駅前図書館が開館するのを受けて、両市で検討されていたもので、小田急線鶴川駅を利用する川崎市民からの要望が多かったという。サービス開始により、年間2000〜3000人の川崎市民が利用する見込み。

 町田市民は13の全川崎市立図書館を利用することができ、川崎市の蔵書約200万冊と合わせて300万冊の利用が可能となる。また両市の移動図書館も利用できる。

 利用するには新たに窓口での登録が必要で、身分証明書を持参すれば4月1日から登録できる。ただし、他市の蔵書を予約することはできない。

 町田市はすでに、他市との図書館相互利用を実施していて、相模原市をはじめ、京王沿線の八王子、府中、調布、日野、多摩、稲城の6市と協定を締結し、川崎で8市目となる。

 町田市は現在、隣接する横浜など他市との図書館相互利用は検討していない。
 

こんな町田を実現させたい!

町田生れ町田育ちの38歳。河辺康太郎

https://kawabe-kotaro.jp

<PR>

町田版のトップニュース最新6件

教育の情報化を推進

町田市

教育の情報化を推進

2月15日号

乗合タクシー運行

相原地域

乗合タクシー運行

2月15日号

「厳しさと優しさ」の親方に

北太樹引退

「厳しさと優しさ」の親方に

2月8日号

大賞は最年少18歳の高専生

ビジネスプランコンテスト

大賞は最年少18歳の高専生

2月8日号

ごみについて考えよう

3R推進イベント

ごみについて考えよう

2月1日号

火災件数100下回る

町田消防署

火災件数100下回る

2月1日号

町田版の関連リンク

あっとほーむデスク

町田版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

町田版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2018年2月15日号

お問い合わせ

外部リンク