町田版 掲載号:2012年3月8日号
  • googleplus
  • LINE

陸前高田市の自治会長で、成瀬台中学校で被災当時、復興の現状などを紹介した 菅野徳一さん 広田水産高校仮設住宅 66歳

「助け助けられ、感謝」

 ○…あの時、陸前高田市の中心部にいた。初めての揺れに慌てたが、高齢のご両親や奥さん、そして愛犬が待つ自宅に急いで戻った。家は半島に位置し、津波が心配でアクセルを目いっぱい踏んだ。帰宅したときは、地域の人の多くは津波を恐れ高台に避難していた。地区会長として誘導とともに海の様子を見に行った。海岸沿いにある防潮堤に登ると、まだ津波の気配はなかったが、少しすると目の前の小舟が揺れ、目を沖に移すと300mほど沿岸の防波堤、そしてその向こうの灯台が津波に飲まれるところだった。目を足元に移すと知らないうちに海が30cm程まで迫っていた。

 ○…陸前高田市出身。高校、大学は仙台、福島で学んだが、卒業後、高校の体育教師として故郷へ戻った。定年退職後、63歳で地区会長になる。被災時、避難を呼びかけるために地域を回った。「もう年だから、いつ死んでもいいよ」と頑なに避難を拒んだ高齢者も数人いた。その中には津波の犠牲になった人もいる。「人に迷惑かけたくない一心で拒んだのだろう」

 ○…地域の200人ほどがお寺に避難した。お米も毛布も少なかったが、みんなで分け合った。極寒と心細さの中、みんなで知恵を出し合い、役割を分担して被災初期を乗り越えた。「3日もすれば支援物資が届き始めた。東京の皆さんも3日分の水、食料、懐中電灯、ラジオは用意したほうが良い」と呼びかける。成瀬台中の生徒たちには「真っ直ぐな目をして聞いてくれてありがとう。陸前高田から来て良かった」とニッコリ。

 ○…「全国からの支援に本当に感謝」。これからは自立再建のために協力してほしいという。被災者が希望を見いだせるのは「働き口」。そして「心のケア」だという。「男はダメ。することがないと、引きこもってしまう。仕事があれば変わるだろうけど」。話しながらお菓子を半分にする―「これ震災で教わったこと」と差し出してくれた。
 

こんな町田を実現させたい!

町田生れ町田育ちの38歳。河辺康太郎

https://kawabe-kotaro.jp

<PR>

町田版の人物風土記最新6件

佐藤 友義さん

造園業(株)ニワバンの創業者で、いずみ浄苑にローズガーデンを創った

佐藤 友義さん

2月15日号

杉山 大季さん

町田市で初開催のビジネスプランコンテストで大賞を受賞した

杉山 大季さん

2月8日号

酒井 美登さん

子どものころに聞いた懐かしい音を再現させているピアノ調律師の

酒井 美登さん

2月1日号

小川 洋一さん

長泉寺の副住職で町田市仏教会の会長を務める

小川 洋一さん

1月25日号

鳥尾 匠海さん

第71回全日学生音楽コンクール全国大会で1位になった

鳥尾 匠海さん

1月18日号

三沢 亮介さん

町田青年会議所の第51代理事長に就任した

三沢 亮介さん

1月11日号

町田版の関連リンク

あっとほーむデスク

町田版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

町田版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2018年2月15日号

お問い合わせ

外部リンク