町田版 掲載号:2012年3月29日号
  • googleplus
  • LINE

写真展 一写真家が見た被災地の一年 講演会も 吉祥寺美術館

教育

写真集「The Days After―東日本大震災の記憶」より
写真集「The Days After―東日本大震災の記憶」より

 町田市在住のフォトジャーナリスト石川梵氏の写真展「The Days After―東日本大震災の記憶」が武蔵野市立吉祥寺美術館で行われる(4月1日(日)〜5月13日(日))。

 石川氏は世界を震撼させた大地震と大津波が東北を襲った3月11日の翌日、セスナ機で被災地に向け飛び立ち、空撮を終えすぐに陸路で被災地に向かった。震災直後の被災地取材は60日におよび、生々しい光景が写真集「The Days After―東日本大震災の記憶」(飛鳥新社)に収められ、大きな反響を呼んだ。取材はその後も続けられ、震災後1年を迎えるまでの被災地の様子が写真展で展示される。

 「今回、吉祥寺美術館で写真展が開催される運びとなりました。一写真家の作品が美術館という大きな器で、これだけの規模で展示されることは大変光栄です。震災から1年を経た被災地。テレビや新聞では伝わりにくく、一写真家が捉えた心の目で、一緒に震災というものを見つめていただければと思います」と石川氏。

 また4月14日(土)には講演会「震災から1年―子どもたちからのメッセージ」も行われ、陸前高田市立竹駒小学校の児童たちが撮影した写真とメッセージを交え、石川氏の眼を通し被災地の一年を振り返る。午後2時〜3時30分、定員90人(要予約・先着順)。入場無料だが美術館入館料100円が必要。申込みは4月2日より同美術館で。

 問い合わせ・申し込みは武蔵野市立吉祥寺美術館(京王井の頭線・吉祥寺駅徒歩3分・専用駐車場なし)【電話】0422・22・0385へ。
 

被災地の一コマ
被災地の一コマ

こんな町田を実現させたい!

町田生れ町田育ちの38歳。河辺康太郎

https://kawabe-kotaro.jp

<PR>

町田版のローカルニュース最新6件

今、求められる学力とは

参加費無料

今、求められる学力とは

2月15日号

2歳児預かり始まる

幼稚園

2歳児預かり始まる

2月15日号

共同アンケート実施

町田市長選

共同アンケート実施

2月15日号

首都圏バトル5

FC町田ゼルビア

首都圏バトル5

2月15日号

地元で楽しむバレンタイン

出身校で凱旋公演

町田版の関連リンク

あっとほーむデスク

町田版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

町田版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2018年2月15日号

お問い合わせ

外部リンク