町田版 掲載号:2012年4月5日号
  • googleplus
  • LINE

子どもまつり 図書館・ボランティア連携 初開催「本を親しむきっかけに」

文化

おはなしに夢中になって聞き入る子供たち(3月30日取材・写真撮影)
おはなしに夢中になって聞き入る子供たち(3月30日取材・写真撮影)

 「第1回子どもまつり─本はともだち─」(同実行委員会主催)が3月29日〜4月1日の4日間、町田市立中央図書館で開催された。期間中は絵本の読み聞かせや講演などを実施。子どもたちは話に聞き入り、笑顔をみせた。

 同イベントは、昨年の町田市立中央図書館20周年記念事業「フェスタぶらりライブラリーinまちだ」に参加したおはなし会などのボランティア団体が中心となり、同図書館と連携して企画。「記念の行事だけでなく継続したお祭りを行い、子どもと図書館を繋げ続けたい」と実行委員会を立ち上げ、開催に至った。

 語り手養成講座を開講している「まちだ語り手の会」や、市立図書館で日頃おはなし会を開いている各団体が、絵本の読み聞かせや紙芝居、わらべうた、手遊び、パネルシアターなどを実施。初めて語り手の語りやわらべうたを聞く親子もおり「貴重な場。また開催して欲しい」と満喫していた。

 読み聞かせの他に、29日に行われた「やってみよう!科学あそび」では親子約100人が参加。読み聞かせなどの図書館に関連した催しだけでなく、おもちゃを作って楽しめるような企画なども用意。同まつりを盛り上げ、図書館の来館促進に繋がった。

 同実行委員会の丸岡和代委員長は「図書館に足を運んで貰うという本来の目的が達成できた。想像していたよりも大勢の方が来館し、嬉しく思う」と笑顔で振り返る。「本を読み、聞きたがるのが子ども。図書館と子どもを結ぶ場を作るのが大切。今後も親子で楽しめるお祭りを行いたい」
 

こんな町田を実現させたい!

町田生れ町田育ちの38歳。河辺康太郎

https://kawabe-kotaro.jp

<PR>

町田版のトップニュース最新6件

教育の情報化を推進

町田市

教育の情報化を推進

2月15日号

乗合タクシー運行

相原地域

乗合タクシー運行

2月15日号

「厳しさと優しさ」の親方に

北太樹引退

「厳しさと優しさ」の親方に

2月8日号

大賞は最年少18歳の高専生

ビジネスプランコンテスト

大賞は最年少18歳の高専生

2月8日号

ごみについて考えよう

3R推進イベント

ごみについて考えよう

2月1日号

火災件数100下回る

町田消防署

火災件数100下回る

2月1日号

町田版の関連リンク

あっとほーむデスク

町田版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

町田版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2018年2月15日号

お問い合わせ

外部リンク