町田版 掲載号:2012年4月5日号
  • googleplus
  • LINE

「まちだ観光フォトコンテスト」で市長賞を受賞した 田之上 茂さん 能ヶ谷在住 73歳

知れば知るほど楽しくなる

 ○…「カメラを初めて3年そこそこで貰えるとは思わなかったよ」と笑う。カメラを始めたのは定年退職した69歳から。退職後、散歩中にカワセミを見つけ、その美しさに惚れたのがきっかけ。以後、カメラを担ぎ、町田市内を駆け回る。受賞作の「桜」は薬師池公園の池とウメ、サクラ、そして公園を楽しんでいる人たちを切り撮った。「今年はウメの開花が遅れたので、サクラとウメの競演がもっと楽しめるよ」

 ○…神奈川県大磯町出身。就職を期に都内へ。町田に居を構えたのは30代後半。「サラリーマンだったから、なかなか地域のことはできなかったね」と振り返る。退職後は老人会にも参加し、平日の午前中はゲートボールやグランドゴルフで汗を流す。そして午後からはカメラを持ち、フィールドに出掛ける。カメラを始める前は、「鳥といってもスズメかカラス、ハトぐらいしか知らなかったな」と笑うが、今はそれぞれ鳥の特徴や生態を熟知して、カメラ4台入った10kg以上のバッグを背に、薬師池公園のほか町田市内の野鳥スポットに出掛ける。

 ○…「町田市内でもたくさんの鳥を撮ることができるよ」と子どもの様な目をして話し始める。写真を見せながら、鳥の特徴や撮ったときの様子を教えてくれる。「知らなかったことを知ると、どんどん面白さが分かってくる」。一枚の写真に込められた心が伝わってくる。

 ○…他の地域の鳥にはあまり興味がない。「だって、地元の鳥を尊敬して、そしてそれを撮っていかないと」。数時間じっと我慢して鳥が現れるのは数秒、長くても1分。1日ねばっても撮れない時もある。老人会で地元の小学生と一緒に給食を食べる機会がある。そんな時、撮った写真と鳥の名前をファイルにしてプレゼントする。全て市内で撮った写真で喜ぶ子どもたちに「町田にもこんなにたくさんの鳥がいるよと教えたくてね」。
 

こんな町田を実現させたい!

町田生れ町田育ちの38歳。河辺康太郎

https://kawabe-kotaro.jp

<PR>

町田版の人物風土記最新6件

佐藤 友義さん

造園業(株)ニワバンの創業者で、いずみ浄苑にローズガーデンを創った

佐藤 友義さん

2月15日号

杉山 大季さん

町田市で初開催のビジネスプランコンテストで大賞を受賞した

杉山 大季さん

2月8日号

酒井 美登さん

子どものころに聞いた懐かしい音を再現させているピアノ調律師の

酒井 美登さん

2月1日号

小川 洋一さん

長泉寺の副住職で町田市仏教会の会長を務める

小川 洋一さん

1月25日号

鳥尾 匠海さん

第71回全日学生音楽コンクール全国大会で1位になった

鳥尾 匠海さん

1月18日号

三沢 亮介さん

町田青年会議所の第51代理事長に就任した

三沢 亮介さん

1月11日号

町田版の関連リンク

あっとほーむデスク

町田版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

町田版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2018年2月15日号

お問い合わせ

外部リンク