町田版 掲載号:2012年4月26日号
  • googleplus
  • LINE

振り込め詐欺 「家族の絆で撲滅」 警視庁管内 1年で36億円の被害

社会

武者行列で振り込め詐欺撲滅を呼び掛けた
武者行列で振り込め詐欺撲滅を呼び掛けた

 町田警察署(武智秀弘署長)は振り込め詐欺を撲滅しようと21日、寸劇や若武者行列などを町田駅周辺で行い注意を呼び掛けた。

 昨年一年間での警視庁管内の振り込め詐欺被害は36億円にのぼり、件数は減っているものの、1件当たりの被害額は増えており、その被害はより深刻化している。町田市内では、件数、被害額ともに増えている傾向にあり、町田警察署は「手口はより巧妙となり、『自分は大丈夫』とは思わず、いつでも振り込め詐欺には注意してほしい」と呼びかけている。

 20日に行われた「振り込め詐欺撲滅キャンペーン」では、少年や若者が若武者に扮して「振り込め詐欺を絶つ」を合言葉に行われた。同署は「振り込め詐欺を撲滅するためには『家族の絆』が必要」と話し、今回のキャンペーンで若者たちに参加を呼び掛けたのは孫から祖父母に、子どもから父母に振り込め詐欺の話をしてもらい、被害に遭わないようにすることが目的。

 振り込め詐欺の被害者は65歳以上が多く、子どもや孫から1週間に1度は連絡を取ってほしいという。

 「犯人の手口は巧妙になっているが、まず『携帯を無くしたからメモして』『携帯の番号が変わった』など事前に連絡してくるケースが多く、その翌日や数日後に『会社の小切手を無くした』『浮気をして子どもができた』などの理由を話し現金を要求してくる。携帯電話を無くしても番号が変わることがないので、その時点で振り込め詐欺と思ってほしい。その場合は必ず本人の電話に連絡して確認をとる。また知らない人や口座にお金を預けない。そして留守番電話で対応するのも有効な手段」という。
 

こんな町田を実現させたい!

町田生れ町田育ちの38歳。河辺康太郎

https://kawabe-kotaro.jp

<PR>

町田版のトップニュース最新6件

教育の情報化を推進

町田市

教育の情報化を推進

2月15日号

乗合タクシー運行

相原地域

乗合タクシー運行

2月15日号

「厳しさと優しさ」の親方に

北太樹引退

「厳しさと優しさ」の親方に

2月8日号

大賞は最年少18歳の高専生

ビジネスプランコンテスト

大賞は最年少18歳の高専生

2月8日号

ごみについて考えよう

3R推進イベント

ごみについて考えよう

2月1日号

火災件数100下回る

町田消防署

火災件数100下回る

2月1日号

町田版の関連リンク

あっとほーむデスク

町田版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

町田版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2018年2月15日号

お問い合わせ

外部リンク