町田版 掲載号:2012年6月14日号
  • googleplus
  • LINE

小さな一歩電話相談室 市民から悩み受け5年 児童虐待、子育て、人間関係など

社会

 町田市内で電話相談室を運営している『小さな一歩電話相談室』(金子淳子代表)が結成5周年を迎えた。ボランティアら14人で年間140件ほどの相談を受けている。

 町田市内で発生した児童虐待死事件を契機に「子どもの命を虐待から守りたい」と願う市民らが2003年、同相談室の前身「町田市児童虐待防止を考える会」を発足させた。04年には子育て支援、翌年には電話相談活動を開始した。2007年に子育て支援と電話相談がそれぞれ独立し、電話相談は名称を現在の町田市民ボランティア「小さな一歩電話相談室」に変更し、今年4月に5周年を迎えた。

 当初、「子育て中の親子を地域社会の中から孤立させないことが、虐待を防ぐことにつながる」との思いから子育て支援を展開したが、活動する中で「現在、孤立している親子は、子育て支援の場に出て来られないのではないか」と、自宅に居ながら悩みを訴えることができる電話相談室開設に至った。

 町田市の子ども家庭支援センターに寄せられる相談件数も増加傾向にあり、05年度は350件だった相談が、11年度には4倍の1443件に増加し、そのうち被虐待については142件となっている。

 同相談室は、児童虐待のほかにも、障がいを持つ子どもの親からの相談や、DⅤ、心の病気、職場での悩み、家庭関係、いじめ、人間関係など多岐にわたる相談にも対応。会員はカウンセラーや福祉関係従事者、看護師など様ざまで全てボランティア。相談対応者は、カウンセリングの講習などを1年以上かけ受講している。

 金子代表は「人が抱える悩みは、人との関わりの中で生じているということ。当たり前ですが、人と人との信頼関係を取り戻すことができれば、悩みから抜け出せます。小さな悩みが重なり、一歩も前進することができなくなる前に、相談してほしい」と呼びかけている。

 相談室は月曜・火曜日の午前11時〜2時。夜間相談は月曜日の午後6時〜9時。相談室では相談員や賛助会員も募集している。
 

こんな町田を実現させたい!

町田生れ町田育ちの38歳。河辺康太郎

https://kawabe-kotaro.jp

<PR>

町田版のトップニュース最新6件

教育の情報化を推進

町田市

教育の情報化を推進

2月15日号

乗合タクシー運行

相原地域

乗合タクシー運行

2月15日号

「厳しさと優しさ」の親方に

北太樹引退

「厳しさと優しさ」の親方に

2月8日号

大賞は最年少18歳の高専生

ビジネスプランコンテスト

大賞は最年少18歳の高専生

2月8日号

ごみについて考えよう

3R推進イベント

ごみについて考えよう

2月1日号

火災件数100下回る

町田消防署

火災件数100下回る

2月1日号

町田版の関連リンク

あっとほーむデスク

町田版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

町田版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2018年2月15日号

お問い合わせ

外部リンク